ニュース
» 2011年01月06日 01時35分 公開

2011 International CES:MSIの“Marshal”で“GD80”なマザーボードに接近する (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

“GD80”はIntel P67 Express搭載マザーボードだった

 当初、Intel 6シリーズチップセットを搭載したマザーボードの“GD”シリーズとして紹介されたのは、P67A-GD65が最上位モデルだった。GDシリーズのラインアップには従来“GD80”まで存在するため、自作PCユーザーの中には、「インテルのハイエンドラインアップで次世代CPUに対応したチップセットを搭載するマザーボードのために、とってあるのではないか」という観測も流れていた。

 しかし、米国のプレスカンファレンスで登場したのは、Intel P67 Expressチップセットを搭載した「P67A-GD80」だった。P67A-GD65の上位モデルというだけあって、電源回路が全部で12フェーズ構成になり、拡張スロットでPCI Express x16対応が3基となった。そのほかの仕様はほぼ共通する。

いろいろな“うわさ”が流れたものの、Intel P67 Expressを搭載して登場したハイエンドマザーボード「P67A-GD80」

第2世代Core iシリーズ搭載の液晶一体型PCとノートPCも多数公開

 プレスカンファレンスの会場に展示されていた液晶一体型PCは「AE2410」と「AE2210」だ。それぞれ、搭載するCPUが異なっており、AE2410はCPUにクアッドコアのCore i7-2630QM(2GHz)を搭載し、GPUにはIntel HD Graphics 3000をCPUに統合するほか、ノートPC向けのGeForce GTX 500番台となるGeForce GTX 540Mをオプションで搭載するとMSIの資料では紹介されている。

 64ビット版Windows 7 Home Premiumを導入した環境でWindows エクスペリエンスインデックスを確認すると、Processorは7.3、Graphicsは5.9、Gaming Graphicsも5.9だった。

第2世代Core iシリーズのCore i7-2630QMを搭載したAE2410(写真=左)。正式発表前だが、デバイスマネージャーでは動作クロックが2GHzであることが分かる(写真=中央)。そのAE2410でWindows エクスペリエンスインデックスをチェックする(写真=右)

 AE2210は、Core i5-2500sを搭載して、グラフィックスコアはIntel HD Graphics 2000を利用するほか、オプションでGeForce GTX 540Mを実装する。デバイスマネージャーで確認すると、動作クロックは2.7GHzであることが確認できた。AE2410と同じ64ビット版のWindows 7 Home Premiumを導入した環境でWindows エクスペリエンスインデックスを確認したところ、Processorは7.3、Grapicsは5.9、Gaming Graphicsも5.9だった。

第2世代Core iシリーズのCore i7-2500sを搭載したAE2210(写真=左)。正式発表前だが、デバイスマネージャーでは動作クロックが2.7GHzであることが分かる(写真=中央)。そのAE2210でWindows エクスペリエンスインデックスをチェックする(写真=右)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう