「IdeaPad YOGA」の形を“グリッ”と変える2012 International CES

» 2012年01月10日 13時03分 公開
[長浜和也,ITmedia]

柔軟なボディが柔軟なコンピューティングを実現する

 Lenovoは、2012 International CESに合わせて、多数のThinkPadシリーズとIdeaシリーズを発表(出荷は速くても4月以降だが)している。しかし、正式開幕前日の1月9日(現地時間)に行った説明会で、もう1つの新モデル「IdeaPad YOGA」を公開した。

 Lenovoのスタッフが、「2012 CESで最も大きな発表になる」と語るIdeaPad YOGAは、通常の状態ではクラムシェルタイプのノートPCに見える。

 ボディの厚さは16.9ミリと、Ultrabookに相当する薄さで、CPUは“次世代の”Coreプロセッサーファミリーの超低電圧モデルを採用する。

 ボディパネルは天板と底面でマグネシウム合金を採用する。そのため、本体の重さは1.49キロとこのディスプレイサイズを搭載するノートPCとしては重い。液晶ディスプレイが異なるラインアップを用意する可能性について、Lenovoのスタッフは現時点で予定はないと答えている。

 これだけでも、Lenovoの次世代Ultrabookとして注目できる。しかし、IdeaPad YOGAを“2012 CESで最も大きな発表”とLenovoスタッフが語る理由はそれだけでない。

厚さ16.9ミリの薄型ボディを採用するIdeaPad YOGA。展示機材ではWindows 8 Developer Previrwを操作していた(写真=左)。マグネシウム合金のボディパネルを採用する。CPUは“次世代”Coreプロセッサーファミリーの超低電圧モデルを採用するという。ボディ内部には冷却用のファンを搭載しないとスタッフは説明しているが、背面には排気用のスリットが並ぶ(写真=右)

本体の左側面には、HDMIとUSB 3.0などを搭載し(写真=左)、右側面には電源ボタンと目的不明のボタン、メディアカードリーダー、USB 2.0を備える。黄色のインタフェースは独自形態の電源コネクタだ(写真=右)

IdeaPad “YOGA”と名づけた理由がここにある

 搭載する液晶ディスプレイサイズは13.3型ワイドで解像度は1600×900ドットというが、見た目にはそれより大きいサイズにも見える。タッチパネルを内蔵し、10点同時タッチに対応する。

 IdeaPad YOGAは、開いた液晶ディスプレイを水平にできるだけでなく、さらに本体の底面側まで開いてしまう。ディスプレイにタッチパネルを内蔵しているので、この状態でスレートタイプのタブレットPCとして利用できる。

 クラムシェルのノートPCとして使うだけでなく、スレートタイプのタブレットPCとしても使える“柔軟性”を、従来のコンバーチブルタイプと異なる簡単な方法で実現したことが、IdeaPad YOGAと名づけた新モデルで訴求する最も重要な特徴だ。

IdeaPad YOGAの液晶ディスプレイは、水平にできるだけでなく(写真=左)、そのまま裏側に向かって開いていく(写真=右)

完全に底面まで開くとスレートタイプのタブレットPCとして利用できる。展示機材はこの状態でキーボードが有効になっていたが、最終版では無効になる予定という(写真=左)。フォトスタンドのように使うことも可能だ(写真=右)

ボディ形状がほぼフラットなので、液晶ディスプレイを底面まで折ると、持った感じはスレートタイプのタブデットデバイスと変わらない。底面と液晶ディスプレイの合わせもぴったりと合う(写真=左)。底面はUltrabookと同じようにメモリスロットカバーを設けず、バッテリーパックも露出しない。ユーザーによるメモリ換装やバッテリー交換には対応しないとスタッフは説明する(写真=右)

水平以上に開ける液晶ディプレイのヒンジ部分(写真=左)。電源コネクタは独自の形状を採用する(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 会話が禁じられた謎のメタバース空間「ぷらっとば〜す」なぜ炎上? 内閣府の孤独・孤立対策強化月間企画だが…… (2024年05月30日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  7. 気軽でカラフルなヘッドセットもいいぞ! ビデオ会議でも役立つロジクールの無線モデル「Zone 300」を試す (2024年05月29日)
  8. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  9. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー