8万円を切る13.3型ワイドのUltrabook――「HP Folio 13」2012年PC春モデル

» 2012年01月19日 11時00分 公開
[ITmedia]

最薄部18ミリ、9時間駆動の13.3型Ultrabookが7万円台

HP Folio 13

 日本HPは1月19日、2012年PC春モデルとして“Ultrabook”カテゴリの新シリーズ「HP Folio 13」を発表した。同社直販サイト「HP Directplus」専売で価格は7万9800円。2月初旬に発売する。

 HP Folio 13は、13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載するモバイル機だ。外装にアルミニウム、底面にマグネシウムを用いたフルメタルボディは、最薄部が約18ミリと薄く、本体重量は約1.5キロに抑えている。

 基本スペックは、CPUがCore i5-2467M(1.6GHz/最大2.3GHz)、メモリが4Gバイト(PC3-10600/メモリスロットは1基で最大4Gバイト)、ストレージが128GバイトSSD、グラフィックスはCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000。13.3型ワイド液晶は1366×768ドット表示に対応し、バックライト付きの日本語85キーボードはピッチ19ミリ、ストローク1.7ミリを確保したアイソレーションタイプとなっている。

アルミニウム製の天板にはヘアライン加工が施されている。キーボードはバックライト付きだ(写真=左)。左側面にメモリカードスロットとUSB 3.0、HDMI出力、ギガビットLAN、右側面にUSB 2.0と音声入出力が並ぶ(写真=中央/右)。薄型のUltrabookとしては十分な構成だ

 インタフェースは、SD(SDXC)/MMC対応のメモリカードスロットをはじめ、USB 3.0とUSB 2.0を各1基、HDMI出力と音声入出力を備える。ネットワーク機能は、ギガビットLANとIEEE802.11 b/g/n対応無線LAN、およびBluetooth 4.0。液晶上部に約92万画素のWebカメラも内蔵する。

 本体サイズは、318.5(幅)×220.2(奥行き)×18〜20.3ミリ、重量は約1.5キロ。標準で約9時間のバッテリー駆動が行える。OSは64ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  4. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  5. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  6. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  7. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開 (2024年04月23日)
  10. アドバンテック、第14世代Coreプロセッサを採用した産業向けシングルボードPC (2024年04月24日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー