ガラス張りの“プレミアムUltrabook”――「HP ENVY14 SPECTRE」に誘惑されるこの質感、シビレるだろう?(2/4 ページ)

» 2012年03月02日 11時20分 公開
[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

バッテリー駆動時間は約9時間30分、ACアダプタにも一工夫

 底面のカバー内には4セルのリチウムイオンバッテリー(58ワットアワー)を内蔵しており、公称のバッテリー駆動時間は約9時間30分となっている(MobileMark 2007による数値)。

 底面のカバーはネジいらずで外せるため、バッテリーの交換も容易かと思いきや、バッテリーはヘックスローブネジで固定されており、ユーザーによるバッテリー交換を想定していない設計だ。このカバーはWindows 7のシリアルナンバーなど、美しいデザインを損ねるシール類やネジを隠したり、メーカー側がメンテナンスしやすいように付けたのだろう。

 付属のACアダプタは、サイズが58(幅)×120(奥行き)×17(高さ)ミリと薄型だ。給電用のUSBポートも備えている。ただし、ACケーブルが3ピンタイプで太くかさばり、ケーブル込みの重量が実測で419グラムもある点は惜しい。

 もっとも、ACケーブルと差し替えて使えるウォールマウントプラグも付属し、これを利用する場合は実測で258グラムまで軽くなる。ウォールマウントプラグではコンセント周辺のスペースが確保できるか不安もあるが、市販の短い延長ケーブルを使うなどすれば、付属のACケーブルよりコンパクトに持ち運べて使えるだろう。

底面のカバーを外すと4セルのリチウムイオンバッテリーが現れるが、ヘックスローブネジで固定されている(写真=左)。フラットな形状のACアダプタは、電源ケーブルとPC接続ケーブルを分離できる構造(写真=中央)。付属のACケーブルは3ピンで太くかさばるが、コンセントに直接差せるウォールマウントプラグも付属する。ACアダプタは給電用のUSBポートも備えている(写真=右)

超低電圧版Core i7に加えて、デュアルSSDを採用

 CPUは、TDP(熱設計電力)が17ワットでデュアルコアの超低電圧版Core i7-2677(1.8GHz/最大2.9GHz)を備える。定格の動作クロックは1.8GHzだが、Intel Turbo Boost Technology 2.0によって高負荷時は最大2.9GHzで動作する。

CPU-Zの情報表示画面。CPUはTDPが17ワットの超低電圧版Core i7-2670M(1.8GHz/最大2.9GHz/HT対応)を搭載する。CPU内部に2つのコアを内蔵するデュアルコアCPUで、Hyper-Threadingにより、4スレッド(4コアぶんの命令)を同時に取り込んで処理が可能だ。EIST(Enhanced Intel Speedstep Technology)、Intel Turbo Boost Technology 2.0に対応し、アイドル〜低負荷時は最低800MHz、高負荷時には最高2.9GHzまで動作クロックを上げる

 チップセットはIntel HM65 Expressを採用。グラフィックス機能はCore i7内蔵のIntel HD Graphics 3000を使う。メモリはDDR3-1333(PC3-10600) SDRAMを標準で4Gバイト装備し、増設はできない。

データストレージには128GバイトのSSDを2台搭載し、RAIDではなく2台別々のドライブとして使われている

 データストレージはSSDで256Gバイトの大容量だ。128GバイトのSSDを2台使って合計256Gバイトとしており、RAIDではなく2台別々のドライブとして使われている。SSDの型番をデバイスマネージャで確認すると、mSATAインタフェースのSSD「SAMSUNG MZMPA128HMFU」を2つ装着していた。

 通信機能は1000BASE-T準拠の有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 3.0も搭載している。

 本体装備の端子類は左側面にまとめられており、有線LANのほか、USB 3.0、USB 2.0、SDXC対応SDメモリーカード/MMC用スロット、ヘッドフォン/マイク兼用端子を装備。ディスプレイ出力としてMini DisplayPort出力、HDMI出力も備える。液晶フレーム部には約92万画素のWebカメラを搭載している。Ultrabookとしては、なかなか充実した拡張性だ。

前面(写真=左)と背面(写真=右)はすっきりしたデザインで、インタフェース類は一切ない

左側面にUSB 3.0、USB 2.0、Mini DisplayPort出力、HDMI出力、有線LAN、ヘッドフォン/マイク兼用端子、SDXC対応SDメモリーカード/MMC用スロットを装備(写真=左)。右側面にはボリュームダイヤルや消音ボタン、Beats Audioパネルの起動ボタン、インジケータ、ACアダプタ接続用のDC入力を搭載する(写真=右)

薄型のボディに厚みがある有線LANポート(RJ45)を内蔵する関係で、コネクタの下部は開閉式だ(写真=左)。液晶ディスプレイの上部には約92万画素のWebカメラを備える(写真=右)

 プリインストールOSは64ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)だ。付属ソフトは、Adobe Photoshop Elements 10、Adobe Premiere Elements 10、Cyberlink PowerDVD 10、Cyberlink YouCamなど。アドビシステムズの定番クリエイティブソフトは体験版でなく、フル版で付いてくる。その一方でオフィススイートは非搭載だ。

直販モデル(HP ENVY14-3004TU)のデバイスマネージャ画面。mSATAインタフェースのSSD「SAMSUNG MZMPA128HMFU」を2つ搭載していた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  4. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  5. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  6. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  7. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  8. 「Surface Go」が“タフブック”みたいになる耐衝撃ケース サンワサプライから登場 (2024年04月24日)
  9. わずか237gとスマホ並みに軽いモバイルディスプレイ! ユニークの10.5型「UQ-PM10FHDNT-GL」を試す (2024年04月25日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー