ニュース
» 2012年03月28日 09時56分 公開

そのグラフ、いいんですね?:日本ギガバイト、“Z77”なマザーボードを日本で公開 (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Ivy Bridgeで測定したベンチマークテストの結果が

 なお、今回GIGABYTEが明らかにした資料では、Sandy BridgeとIntel 7シリーズチップセットの構成で使える機能と、Ivy BridgeとIntel 7シリーズチップセットの構成で利用できる機能を比較した一覧や、「3.2GHで動作するIvy Bridge世代のCPU」とマザーボードがZ77X-UD3、システムメモリがDDR3-1333、64ビット版 Windows 7の組み合わせで測定したベンチマークテストの結果、そして、GA-Z77X-UD3Hと動作クロック3.2GHzの第3世代Core プロセッサ、DDR3-1333メモリ(容量不明)、64ビット版 Windows 7(エディション不明)の購入価格(Radeon HD 7970の599ドルをわずかに下回る価格)と3DMark 11 Extremeで測定した結果の値を示している。

 また、「Intel Quick Sync 2.0でメディアエンコーディング」と題した資料では、Ivy Bridge世代のCPUが「Intel Quick Sync 2.0」を導入することと、ArcSoft Media Converter 7、CyberLink Media Espresso 6で実行したエンコード処理の時間を比較するグラフを掲げているが、その比較するCPUとして、「Core i7-2600」と「Core i7-3770」が記載されていた。なお、Core i7-3770の仕様として、キャッシュメモリ8Mバイト(レベルは不明)、3.4GHz、クアッドコア、8スレッド対応とあった。

日本ギガバイトは、動作クロック3.2GHzの第3世代CoreプロセッサやCore i7-3770で測定したで測定したベンチマークテストの結果を掲載する資料を公開した

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう