レビュー
» 2012年10月04日 11時13分 公開

広田稔のMaッ……iPhoneでいくの(10):「iPhone 5」のLTEテザリングが快適すぎる!! WiMAXと勝負してみた (2/5)

[広田稔,ITmedia]

新宿駅近くではLTE無双!! 屋内でもつながりやすい

下りと上りでインターネットの接続速度を調べられるSPEEDTEST.NET。iPhone、Androidアプリも用意している

 前置きが長くなったが、実際の転送速度をベンチマークで確かめていこう。普段からWiMAXを使って不満に思っていたのは、建物の中に入るととたんにネットが遅くなるということ。過去、鉄筋ビルの喫茶店で奥の席に座ってWiMAXが入らなくなるという経験してきたため、出先で作業するならなるべく入り口か窓ぎわに陣取るのが習慣になってしまった。それでも電波が1本になって、WiMAXの速さを体感できないこともしばしばだ。

 建物に弱い原因の1つは、周波数帯域だ。auのWiMAXであるUQ WiMAXは、2.5GHz帯で通信している。一方でau版iPhone 5のLTEは2.1GHz帯だ。ものすごく簡単にいえば、周波数帯域は高いほど電波が回り込みにくく、室内でつながりにくくなる。インターネット速度の検証では、いくつかの駅を回って測るのが定番だが、テザリングは喫茶店など座れる場所で使うことがほとんどのため、今回は新宿という電波がどこにいても入りそうな土地で、建物の条件を変えつつ検証することにした。

 テストに利用したサービスは「SPEEDTEST.NET」で、東京のサーバにつないで5回計測した平均を出している。通信速度は基地局から端末までの距離だけでなく、同時に接続している人数によっても大きく変わってくる。9月にサービスを開始してiPhone 5しか使っていないLTEはユーザーが少ないため、どう考えても有利な状況だ。また、同じLTEやWiMAXでもスマートフォンによって感度が微妙に異なる。今回の結果は数値ではなく、傾向としてとらえてほしい。

新宿西口

まずは新宿西口。小田急百貨店と新宿西口ハルクの連絡通路にあるベンチで検証してみた。さまざまな路線が行き交うターミナル駅ということもあって、多くの人がスマホを使ってネットを見て回線が混雑しているはず(写真=左)。SPEEDTESTを実行してみると、iPhone 5では下りが9.85Mbps、上りが4.46Mbps、HTC Jでは下りが6.53Mbps、上りが2.60MbpsというLTEの圧勝だった。上りは計測のばらつきが少ないが、下りは同時接続数が変わるせいか数値に幅が出る(画面=右)

 この差がネットの視聴にどれくらい影響するのか、Safariのキャッシュを消しながらTwitterを表示してみたところ、WiMAXでは背景やアイコンの画像読み込みが一瞬滞ったが、LTEではすんなり読み込まれていた。さらにYouTubeでフルHD(1080p、1920×1080ドット)の動画を再生してみたところ、WiMAXではデータのダウンロードが追いつかずに途中で何度か途切れたが、LTEでは最後までノンストップで再生できた。「LTEって速い!」と実感できた瞬間だ。

YouTubeの再生中、Macの「アクティビティモニタ」でネットワークの通信速度を調べてみた。LTEの場合は最も速く読み込まれた「ピーク」が毎秒1.7MB、WiMAXでは毎秒674KBと、2.5倍ほどの差がついた

新宿西口・スターバックス窓際

続けて、少し歩いて新宿エルタワーの1階にあるスターバックスに入ってみた。さすがにさっきまで計測していた小田急百貨店が見える窓際の席に陣取れば、WiMAXでも速度はでるだろうと思ってSPEEDTESTを実行したが……(画面=左)。結果はWiMAXが惨敗で、なぜかLTEは速度が増した。そのままYouTubeを再生してみたところ、LTEは1080pの動画も途切れずに再生してくれた。うーん、出先でこのスピードは素晴らしい(画面=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう