ニュース
» 2012年10月06日 14時41分 公開

赤と黒に染まるアキバ――複数のショップで「Trinity発売記念」のPOP週末アキバ特価リポート(2/2 ページ)

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

8000円切りでプレーンな仕様のAndroidタブレット「MID701A」が売り出される

 最近はPCパーツショップでもスマホやタブレット、マルチメディアプレーヤーが目立つ位置に並ぶことも珍しくなくなっている。今週は特に安いモデルがいくつかのショップに入荷していたので、週末特価の注目株として紹介したい。

 話題になっていたのは、低価格なAndroid 4.0.3タブレット「MID701A」だ。価格は8000円弱となる。MID701Aは800×400ドットの7型液晶を採用しており、CPUはAllwinner A10 Cortex-A8 1.5GHz。ストレージ容量は8Gバイトとなる。テクノハウス東映では入荷後から売れ行きは好調という。「Google Playも普通に使えますし、標準で日本語になっているので、わりとプレーンなAndroidタブレットとして使えると思います。海外製の安いタブレットとしては珍しく、国内代理店の保証が1年ついているのもポイントですね」と話していた。

ノーブランド「MID701A」

 一方、ツートップ秋葉原本店のレジ前には、グリーンハウスのマルチメディアプレーヤー「kana RS GH-KANARS-8G」が並んでいる。2.4型の320×240ドットカラー液晶を搭載し、音楽と静止画、動画が可能性できるほか、FMラジオチューナーとICレコーダー機能も内蔵する。価格は3480円だ。同店は「micro SDHCカードスロットもついていますし、ちょっとしたメディアプレーヤーが欲しい人には面白いアイテムだと思いますよ。スマホを買う10分の1くらいのお値段ですし」と語る。

グリーンハウス「kana RS GH-KANARS-8G」

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.