ニュース
» 2013年05月29日 21時45分 公開

日本市場向け「Surface Pro」、海外版よりもオトク価格なのはなぜ?ほぼ同じ価格でOfficeが付属(2/2 ページ)

[池田憲弘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Windows 8はこれからも進化する

photo 同社 業務執行役員 Windows本部 本部長の藤本恭史氏

 発表会では最後にWindows 8の概況について、同社 業務執行役員 Windows本部 本部長の藤本恭史氏が説明を行った。発売から約7カ月が経過したWindows 8だが、2013年5月上旬には累計出荷数が1億ライセンスを超えた。「過去のOSと比較して伸びが鈍いといった声もあるが、販売数というのはあくまでWindows 8が目指す取り組みの一部に過ぎない。私たちが目指しているのはデバイスやソフトウェア、そして開発者とのエコシステムを変化させることだ」という。

 タブレット製品の販売数が大きく伸びる一方で、PCはほぼ横ばい――世界的に見て市場全体がモバイルコンピューティングにシフトしていく中で「Windows 8もモバイルするデバイスに向いたOSとして進化していく」と藤本氏は強調した。「PCの市場は縮小し、死んでしまうという人もいるが、私はそうは思わない。次世代のコンピューティング環境を見据え、これからPCの定義自体も変わっていくはずだ」(藤本氏)

 次期OSとされる「Windows Blue(8.1)」の情報もあるなか、Windows 8の改善も続いている。藤本氏はWindows 8がすでに739回ものアップデートをしており、初期に比べてバッテリー動作時間やシステムの安全性が改善されたことを説明。Windowsストアの充実も進んでおり、ストアアプリのダウンロード数は2億5000万回を超え、アクセスも5億3700万回に達したという。「アプリストアという面では我々は後発なので、数が少ないことは承知している。Windows 8ならではの経験を提供できるよう、量より質という姿勢は変えない」(藤本氏)

photophotophoto 世界的にデバイスの販売台数はPCよりもタブレットが伸びている(写真=左)。Windows 8もローンチ時から細かなアップデートを繰り返してきたという(写真=中央)。Windows RT対応のデバイスも増え、今では4000種類を超えた(写真=右)

 とはいえ、日本国内においても多くのベンダーと協力してアプリの強化に努めている。「ストアアプリについては日本製ゲームのラインアップが不足しているという意見に応え」(藤本氏)、2013年7月から「グラディウス」や「ツインビー」といったコナミのゲームタイトルを順次提供すると発表した。

 このほか発売を記念したキャンペーンも実施するという。Surface RTまたはSurface Proを購入したユーザーが対象で、BEAMS、BAROQUE JAPAN、攻殻機動隊ARISEとコラボレートしたキーボードカバーが抽選で100人に当たる。キャンペーン期間は2013月6月7日から2013年6月30日となる予定で、同社Webサイトから応募できる。

photophotophoto 2013年7月からコナミのゲームタイトルがWindowsストアで順次発売する(写真=左)。BEAMS、BAROQUE JAPAN、攻殻機動隊ARISEとコラボレートしたキーボードカバーは全8種類だ(写真=中央、右)

グローバルモデルに比べて安い理由は?

 質疑応答ではSurface Proの価格設定に質問が集まった。というのも、米国ではOfficeを搭載しない128Gバイトモデルが999ドル(10万1118円、2013年5月29日現在)、日本向けモデルはOffice Home and Business 2013をプリインストールして9万9800円。最近の急激な円安傾向はともかくOfficeの価格だけを考えても、グローバルモデルよりも実質2割ほど安い計算になる。

 これについて同社執行役の横井氏は、価格については「最大限努力させていただいたが、円高がプラスに働いた部分もある」と答えた。1ドル=80円台だったころに価格を設定した(1ドル80円台を想定していた)ことが一因なのだという。為替レートに合わせた値上げの予定も「今のところはない」(横井氏)としている。

 円安の影響で価格を上げた夏モデルPCが少なくないなかで、「Surfaceが国内メーカー製PCの売り上げに与える影響が大きいのでは」といった質問もあったが、「キーボードカバーもセットで買う人が多いことを考慮すれば(実質11万〜13万程度になる)、飛び抜けてお得ではないと考えている」と横井氏は答えた。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年02月23日 更新
  1. デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ (2024年02月21日)
  2. マウス、Core i7+RTX 4070搭載ミニタワー型ゲーミングPCを約7万円引きで販売 (2024年02月21日)
  3. スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円 (2024年02月21日)
  4. トラックパッド付きで実売1万円台後半! 保護性能もピカイチな第10世代iPad用のUAG製Bluetoothキーボードケースを試す (2024年02月22日)
  5. アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は? (2024年02月22日)
  6. もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す (2024年02月20日)
  7. デル・テクノロジーズがKITTE丸の内にポップアップストアを開設 約90種類のPCやアクセサリーを手に取って試せる! (2024年02月22日)
  8. “40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした (2024年02月21日)
  9. ポータブルゲーミングPCのポート不足はこれで解消! アイ・オーの「USB Type-Cドック」を使って分かったこと (2024年02月20日)
  10. リンクスがBlackview製12型Androidタブレット「Blackview Tab18」の国内取り扱いを開始 (2024年02月22日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー