ニュース
» 2014年04月07日 14時26分 公開

法人市場のXP、6月末には6.6%まで減少か――IDC Japan調べ

IDC Japanは、国内のWindows XP搭載PCの稼働台数調査を発表した。

[ITmedia]
photo 国内法人市場におけるOS稼働台数の予測

 IDC Japanは4月7日、国内クライアントPC市場におけるWindows XP搭載PC稼働台数の実績および予測を発表した。

 今回の調査では法人市場での買い替えが順調に進んでいることが確認されており、2013年12月末(2013 2H)の時点でのWindows XP搭載PCの法人稼働台数は、法人市場の全PC稼働台数の17.1%(617万台)にまで減少した。さらに2014年6月末(2014 1H)には、法人の全PC稼働台数の6.6%(241万台)にまで減少すると予測している。

 家庭市場での買い替えも堅調で、2013年12月末における家庭市場内のXP搭載PCのシェアは14.8%(610万台)で、2014年6月末には8.7%(351万台)に減少するとしている。

関連キーワード

IDC | 法人ビジネス | Windows XP | 家庭 | 調査 | OS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう