PC USER Pro

冷静に「VAIO Phone」をレビューしてみる(外観編)(2/2 ページ)

» 2015年04月22日 13時02分 公開
[房野麻子ITmedia]
前のページへ 1|2       

 ちなみに、発売前から話題になった“箱”は、黒地に白でVAIOのロゴが中央に配置され、しっかりした質感で高級感がある。同梱品はACアダプタとMicroUSBケーブル、クイックスタートガイド、SIMカードスロット用のピン、製品保証書などだ。ACアダプタとmicroUSBケーブルはもちろん、箱の中の仕切りなども黒で統一されていて、こだわりを感じた。

photo 個装箱はしっかりした材質で高級感がある。箱や付属品は本体色と同じ黒で統一されている。
photo 付属品も黒で統一。microUSBケーブル、ACアダプタ、SIMカードスロット用のピン、クイックガイドなどを同梱する

台形型で持ちやすく、親しみやすい端末

 手元にあったiPhone 6、iPhone 6 Plusと並べてみると、VAIO PhoneはiPhone 6より若干大きいが、6 Plusよりは明らかに小さい。厚みはiPhone 6/6 Plusよりあるが、iPhone 6より持ちにくいとは感じなかった。

 それは恐らく、側面の形状と質感が奏功している。VAIO Phoneの側面は本体の角を落とすように斜めに傾斜しており、端末を伏せて置くと台形型のシルエットになる。側面から背面にかけてカーブした端末のように手のなじみがよく、持ち心地がいい。また、側面の素材は滑りにくい素材でしっかり握れる。

photophoto 5型ディスプレイを搭載しているが、側面のグリップがいいので持ちやすく、片手操作にも不安を感じない。側面部の角が背面にかけて大きく落とされているので、手のなじみがいい

 5型ディスプレイなので、片手で画面の最上部や最下部に触れようとすると、特に女性は端末を手の中で持ち替えることになるだろう。しかし、ツルッと滑る感じがないので安心して扱えるはずだ。


 外観を中心にみたVAIO Phoneは持ちやすさが強く印象に残った。背面がフラットなわりに、側面の角が大きく落とされているので、手の収まりが非常にいい。また、指で触れてわかる音量キーや文字が印字されたカードスロット、クイックスタートガイドなどに使いやすさへの配慮を感じる。余計な装飾がないシンプルなデザインは、スタイリッシュさよりも、そうした持ちやすさ、親しみやすさがにじみ出ていると感じた。

 PCのVAIOに対するイメージが強い人は違和感を覚えるデザインかもしれないが、1台のスマートフォンとしてみれば悪くないルックスだ。個人的には、細部の隙間に入るホコリと、ガラスパネルの指紋がもう少し目立たなければ……と思うが、ケースやフィルムを利用すれば大きな問題にはならないだろう。まだVAIO Phoneに触れていないという方は、ぜひ一度手にとって持ちやすさを試していただきたい。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー