レビュー
» 2015年09月30日 20時00分 公開

高性能で超静音! 北欧デザインが美しい――オトナのためのぜいたくなPC「Premium-Line」徹底レビューサイコムの白いヤツ(4/6 ページ)

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

BTOシステムで柔軟なシステム構成が可能

 ほかの構成パーツもBTOで柔軟な構成が可能だ。メモリは信頼性に定評のあるCorsairの「VENGEANCE LPX(PC4-17000 DIMM)」を採用する。容量は16Gバイト(4Gバイト×4)が標準で、BTOでは32Gバイト(8Gバイト×4)、64Gバイト(8Gバイト×8)の構成も選べる。ヒートスプレッダがブラックで、ボディやマザーボードとの調和も考えられている。

評価機はCorsairの「VENGEANCE LPX」を搭載していた

 データストレージは3.5インチHDDとSSD(2.5インチまたはPCI Express カード)を合計3台まで組み合わせられる。いずれもただ容量が選べるだけでなく、ブランド/型番まで指定することが可能だ。評価機では256GバイトのSSD(Crucial MX200)と500GバイトのHDD(Seagate ST500DM002)を搭載している。

データストレージはHDDとSSDを合計3台搭載できる。PCI Express 3.0 x4カードタイプの高速SSD(Intel 750)なども選択できる。評価機では2.5インチSSDと3.5インチHDDを1台ずつ搭載していた

 光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブとBD-REドライブが選べる。選択肢は複数用意されており、前者はLG製とASUSTeK製が、後者はLG製とパイオニア製を選択可能だ。

 このほか、BTOメニューでは、サウンドカードやテレビチューナーカード、そのほかインタフェースカードを追加することができるほか、キーボード、マウス、ゲームコントローラーなどの外付けの周辺機器やソフトウェアも同時購入できる。

 OSは標準では付属せず、オプションとなっている。Windows 10/Windows 10 Pro、Windows 8.1/Windows 8.1 Pro、Windows 7 Home Premium SP1/Windows 7 Professional SP1(いずれも64ビット版)と、6種類のDSP版が選択肢として用意されている。評価機のプリインストールOSは、64ビット版Windows 10 Proだった。

無償オーバーホールやアップグレードサービスなど独自の特典も

 Premium-Lineシリーズには、独自の特典も付帯される。保証期間は標準で2年間と、一般的なPCの2倍の期間を保証する。さらに、この期間中は内部のクリーニング、CPUグリスの塗り直し、BIOS/UEFIやドライバの更新、動作チェックといった内容のオーバーホールサービスが1回、無償で受けられる。

 さらに、内部パーツを交換したり増設したりしたい場合のために、購入サポートや取り付け、パーツ下取りなどのアップグレードサービスも用意されている。PCのハードウェアに詳しくなくとも、DIY PCのようにアップグレードしながら性能や機能を最新に保つことができる。BTOでは保証期間を3年に延長することも可能だ。

Premium-Line専用バインダーが付属しており、品質保証書、各種マニュアル類、ドライバDVDなどが納められている。サイコムの河野代表とFractal Design CEOの署名入りだ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう