PC USER Pro
レビュー
» 2015年12月08日 10時30分 公開

iPad Proを“MacBook化”するキーボードケース「iK1200」は買いかApple純正のSmart Keyboardと比較(3/3 ページ)

[山口真弘,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

軽さよりも打鍵感と保護性能を優先したい人向けの製品

 以上のように、キーボードの打ちやすさではSmart Keyboardを圧倒するiK1200だが、重量についてはやや分が悪い。

 約725グラムという重量は、iPad Pro本体(Wi-Fiモデル約713グラム、Wi-Fi+Cellularモデル約723グラム)とほぼ同等だ。つまり合体させた状態では約1.438キロもしくは1.448キロとなり、iPad Proを2台分持ち歩く計算になる。これは、13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載した「13インチMacBook Air」の約1.35キロを超えてしまう重量だ。

 これに対して、Smart Keyboardは実測で約340グラム。iPad Proに装着した総重量は約1.05キロということで、iK1200+iPad Proに比べるとおよそ400グラムほど軽い。仮に、背面の保護カバーを別途取り付けても、この差が逆転することはないだろう。

カバーを畳んだ状態。ノートPCというよりも書類ケースのようなルックス。総重量は約1.44キロとかなりのヘビー級だ。厚さも約19.9ミリで、「13インチMacBook Air」の17ミリより厚い

 また、Smart Keyboardは動画鑑賞など、画面だけを見る場合はキーボードを折り畳み、通常のスタンドのように使うことができる。これに対してiK1200は、ノートPCスタイルで使うか、またはカバーを折り返してタッチ操作やペン操作に向く画面を寝かせたスタイルで使うかの2択となり、スタンドとして使うスタイルには対応しない。製品を選ぶにあたっては、こうした違いも知っておいたほうがよいだろう。

Smart Keyboardはキーボードを折りたたんで通常のスタンドのように使える
背面から見た状態。Smart Keyboardはキーボードが背面に1周する形で折り畳まれていることが分かる
iK1200はキーボードを折り畳むことができず、露出したままとなる
ただしカバーを折り返すことで、タッチ操作やペン操作に向く画面を寝かせたスタイルで使うことは可能だ

 メーカー直販価格は、本稿執筆時点でSmart Keyboardが1万9800円、iK1200が1万8880円だ。ほぼ五分と言っていいが、前述のように背面や側面の保護を考えるのであれば、Smart Keyboardは背面を覆うカバーを追加する必要があるため、トータルで考えるとiK1200のほうがやや割安になる。

 軽さおよび持ち歩き時のスマートさを優先するのであればSmart Keyboard、キーボードの打ちやすさと本体の保護性能、さらに価格を考慮するならばiK1200という選び方になるだろう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10