iPad Proを週刊少年誌の連載漫画家が“液タブ”として使う絵師の未来、こっちかも!?(3/3 ページ)

» 2016年03月03日 20時30分 公開
[山田胡瓜ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

iPad Proはメインのペンタブ環境になるのか

 iPad Proをメインのペンタブ環境にすることは、いかにAstropadというアプリがあれど、ペンの追従性やブロックノイズといった問題があるため、万人にはお勧めできない。しかし筆者個人としては、iPad ProとApple Pencilの環境には魅力を感じており、iPad Proさえ持っていればサブ環境として積極的に仕事に使ってみたいところだ。

 さらに今後、Appleやアプリベンダーが本腰を入れてクリエイターのための環境を整えていけば、もしかすると、iPad Proをデジ絵制作のメイン環境として使う人が増えるかもしれない。ワコムのペン性能には信頼を置いているが、Apple Pencilにもなかなかのポテンシャルを感じる。そして、液晶パネルの美しさや視差の少なさ、タッチインタフェースについては、iPad Proは圧倒的な完成度を誇っている。

ぼくがかんがえたさいきょうのぺんたぶかんきょう

 ちなみに「僕が考えた最強のペンタブ環境」は、iMacにCintiq 13HDを接続し、その状態でCintiq 13HDの画面をAstropad経由でiPad Proにミラーリングするというもの。実際に試してみたが、これがまた便利なのだ。

 Cintiq側でカキカキできるうえに、Apple Pencilの描き味が恋しくなったり作業机から離れて絵を描きたくなったら、iPad Pro側で描けば良い。また、この方法ならiMac側の画面も活用できるので、iPad側にはキャンバスを配置し、iMac側には原稿の全体像を常時表示するといったことができる。なんというゼイタクだろう……!

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  7. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  8. デル、個人向け/ビジネスPCを特価で提供する「EARLY SUMMERセール」を開始 (2024年05月28日)
  9. マウス、約969gの軽量筐体を採用したCore Ultra搭載14型モバイルノート (2024年05月29日)
  10. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー