ニュース
» 2016年11月14日 11時18分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:小物パーツの売れ筋からみる自作PCのトレンド (4/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

エントリーSSDとして「WD Green」が18日に復活!

 ストレージ関連で目立っていたのは、Western DigitalのSSD「WD Green」だ。10月末に登場した同社初のSSDシリーズ「WD Blue」の下位にあたるシリーズで、11月18日に売り出される。

 発売前予約を受け付けているTSUKUMO eX.の税込み価格は、2.5インチ(SATA)の240GBモデルが8280円、120GBモデルが4980円。M.2(SATA)の240GBモデルが8880円、120GBモデルが5680円となる。

 同店は「懐かしのWD Greenですが、『(買収した)SanDiskの技術を使ったエントリーSSD』として受け止めている人が多いですね。反響は静かな印象です」という。

TSUKUMO eX.の「WD Green」予約受け付けPOP

 グラフィックスカードは、ASUSTeKのGeForce GTX 1060モデル「STRIX-GTX1060-DCO6G」が登場している。GDDR5を6GB積んだOCモデルで、カード長を218mmに抑えているのが特徴。HDMIとDP出力が2系統とDVI-D出力が1系統あり、税込み価格は3万7000円弱となる。ドスパラ パーツ館は「人気のSTRIXブランドのうえショート基板なので、コンパクトなケースでゲームしたいという人に人気が出そうです」と話していた。

 また、ショート基板のグラフィックスカードとしては、ManliのGeForce GTX 1050カード「M-NGTX1050/5R8HDP」も登場している。175mm長のカードで、補助電源は不要。税込み価格は1万5000円弱となる。パソコンSHOPアークは「最安クラスのGTX 1050カードですが、品質には定評があって、メーカー2年保証もついています。悪くない選択肢ですよ」とプッシュしていた。

ASUSTeK「STRIX-GTX1060-DCO6G」

Manli「M-NGTX1050/5R8HDP」

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう