ニュース
» 2019年05月14日 07時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:10連休中にRyzen躍進! ショップによってはシェアがIntelを超える (4/4)

[古田雄介,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

LEDライト15個搭載で1000円切りの光るファンが登場

 冷却パーツは安価な新製品が複数登場している。

 オウルテックからはサイドフロー型のCPUクーラー「風雅」と「斬」が売り出された。価格は4000円前後と2100円前後だ。風雅は高さ152mmで4本のヒートパイプを採用し、青色LEDを搭載した12cmファンを1基付属している。対応TDPは150Wまで。斬は130mm高で、ヒートパイプは2本。10cmファン1基を備え、対応TDPは95Wまで。どちらもユニバーサル仕様だ。

 ドスパラ秋葉原本店は「4000円でヒートパイプが4本通っており、コスパの良さが光りますね。どちらも売れ筋の価格帯なので、評価が定まれば安定して売れる存在になるかもしれません」と期待していた。

XROUND オウルテック「斬」と「風雅」

 アイネックからは900円強で買える12cm汎用ファン「SC-120」シリーズが登場している。単色で光る15個のLEDランプを搭載しており、ラインアップは青と赤、緑の3色となる。

 同店は「アイネックスは発光の良さに定評があります。色の微調整が必要ないなら、すこぶるお買い得だと思いますよ。CPUクーラーなどに使う人も多そうですね」とプッシュしていた。

アイネックス アイネックス「SC-120」シリーズ
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう