プロナビ
ニュース
» 2019年06月12日 13時46分 公開

バッファロー、Windows Server IoT 2019 for Storage搭載の法人NAS

バッファローは、組み込みシステム向け最新OSを導入した法人NAS製品計6シリーズを投入する。

[ITmedia]

 バッファローは6月12日、組み込みシステム向け最新OSを導入した法人NASを発表、計6シリーズを7月から順次発売する。

photophoto
photophoto WS5220DNW9シリーズ(左上)、WS5420DNW9/WS5420DNS9シリーズ(右上)、WS5420RNW9/WS5420RNS9シリーズ(左下)、WSH5620DNS9シリーズ(右下)

 いずれも最新の組み込み向けOS「Windows Server IoT 2019 for Storage」を導入しているのが特徴で、ネットワーク経由で遠隔地にある同製品との自動同期を実現する「DFSレプリケーション」機能や、クラウドストレージ「Microsoft Azure」との連携機能なども利用できる。またクライアント数に応じたCALを別途用意することなく利用できるのも特徴だ(Workgroupに登録可能なユーザー数は50ユーザーまで)。

 10ギガビットイーサネット(GbE)接続に標準で対応する他、カテゴリー5e/6ケーブル環境でも2.5GbE/5GbE接続に対応可能なIEEE 802.3bz規格もサポートした。

 製品ラインアップは2ベイ搭載デスクトップモデルの「WS5220DNW9」シリーズ、4ベイ搭載デスクトップモデルの「WS5420DNW9」「WS5420DNS9」シリーズ、4ベイ搭載のラックマウントモデルの「WS5420RNW9」「WS5420RNS9」シリーズ、6ベイ搭載でハードウェアRAID機能も備えたデスクトップモデルの「WSH5620DNS9」シリーズの6シリーズを用意。6ベイモデルのWSH5620DNS9は、Windows Server IoT 2019 for Storageが標準でサポートしないRAID 6構成もハードウェアRAIDで対応可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう