ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「RAID6」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
普及が始まった「RAID 6」とは − @IT

関連キーワード

PR:放置は厳禁! RAIDのエラーで“やってはいけないこと”と“やるべきこと”
HDDを複数台つなげてデータを高速かつ安全に保存できる「RAID」。エラーが起こっても使い続けられる……と思っていると、後でとんでもないトラブルに見舞われることになる。累積で18万件超の相談を受け、最高復旧率95.2%(いずれも自社調べ)の実績を持つ「デジタルデータリカバリー」のエンジニアにRAIDエラー時の心構えを聞いた。(2019/6/17)

バッファロー、Windows Server IoT 2019 for Storage搭載の法人NAS
バッファローは、組み込みシステム向け最新OSを導入した法人NAS製品計6シリーズを投入する。(2019/6/12)

用途に応じて選ぶ
いまさら聞けない「RAID 6」「RAID 10」の違い 比較のポイントは?
RAID構成にはさまざまな選択肢がある。それぞれの微妙な違いを理解するのは難しい。広く利用されている「RAID 6」と「RAID 10」のどちらにも明確な長所と短所がある。(2019/4/4)

製品ニュース:
NEC、IoTシステムの実現に最適な高性能産業用コンピュータ3機種を発表
NECは、デスクトップ型産業用コンピュータ「ファクトリコンピュータシリーズ」の新製品として、「S36W」「S37K」「D28U」の3機種を発表した。(2019/3/25)

肝心なのは機能ではなく“どこで使うか”
いまさら聞けない「AHCI」 IT担当者が知っておくべきこととは
AHCI(Advanced Host Controller Interface)とRAID(Redundant Array of Independent Disks)は、データ管理とストレージインフラの効率的な運用のために理解しておくべき基本概念だ。(2018/9/18)

PR:4万円台で買える「ASUSTOR AS4004T」で10Gbpsの実力を発揮する
10GbE時代に選ぶべきNASを考える。(2018/9/7)

製品の違いを見分けるために
バックアップアプライアンス、主要ベンダー8社の製品の特徴を徹底比較
主要なバックアップアプライアンスの多くは、バックアップ、アーカイブ、災害復旧、レプリケーションなど、類似の機能を備えている。主要8社の製品情報をまとめた。(2018/7/31)

RAID技術は百家争鳴
フラッシュストレージ時代のRAID――基礎から各社の独自技術まで
オールフラッシュアレイ製品を導入するに当たり、各製品が実装しているRAIDオプションを理解する必要がある。中には、独自拡張したRAID機能もある。RAIDの基礎と各社の技術を紹介しよう。(2018/6/7)

PR:「企業のクラウド導入、不安を払拭したい」 通信回線からアプリまでワンストップ提供できる通信キャリアの強みとは?
(2018/3/15)

今どきのNASでWindowsファイルサーバは断捨離できるか!?:
最終回 NASで断捨離すると、いいこともいろいろ
ファイルサーバとしてNASを導入してみよう。今回は、管理する立場から見た、WindowsファイルサーバとNASの管理機能の違いや、NASだと便利な機能などについて解説する。(2018/1/31)

大手の独走態勢は過去 注目の8社を紹介
巨人に挑む新興ストレージベンダーが熱い理由、「AWS下位互換」「SDSとフラッシュの融合」に注目
ビジネス向けストレージ市場に参入しようとして敗れていった企業がある中、新たに既存ベンダーとの戦いに挑むスタートアップ企業が誕生している。彼らは成功をつかむことができるのか。(2018/1/18)

今どきのNASでWindowsファイルサーバは断捨離できるか!?:
第1回 今どきのNASでWindowsファイルサーバは置き換えられる?
古くなったWindowsファイルサーバを断捨離してNASにすることは可能か? 最近のNASはとても高機能で、ファイル共有だけではなく、運用を簡単にするさまざまな機能も持っている。(2017/12/28)

最新ハードウェアでセキュリティも安心:
PR:ワンランク上のNASを目指すならSynologyの「DiskStation DS918+」に注目
NASはPCと比べて長期に渡って使い続けるイメージがあるが、その間にも進化が進んでいる。使い勝手のよい4ベイ、先進の機能、素早いセキュリティ対策、そしてビジネスを円滑に進めるコラボレーションパッケージに対応したSynologyの最新モデル「DS918+」を紹介しよう。(2017/11/29)

事例から学ぶRAID障害への正しい対処法:
PR:HDD 60台、45TBの大規模RAID障害から99.9%のデータ復旧に成功――地域基幹病院の重要なCT画像データはどのようにして救われたのか?
重要なデータを格納する場所としてRAIDシステムは、多くの企業や団体で活用されている。一般的に、RAIDで使われているHDDを復旧するのは非常に難易度が高いといわれているが、デジタルデータリカバリーでは、13万件を超える復旧実績を持ち、メーカーや他の復旧サービスが修復不能と判断したものでも復旧に成功してきた。万が一、RAIDに物理障害が発生した場合には、どのような点に注意しておく必要があるのだろうか。デジタルデータリカバリーを運営するデジタルデータソリューションの太田氏、井瀧氏、吉野氏に、実際に対応した大規模RAID障害の事例を交えて話を伺った。(2017/11/6)

バッファロー、ハードウェアRAIDを搭載したWSS 2016採用法人向け4ベイNAS
バッファローは、法人向けのRAID 6対応4ベイNAS「WSH5411DN6」シリーズを発表した。(2017/11/1)

大容量と拡張性は当然
「オブジェクトストレージ」主要製品の詳細過ぎる特性分析
オブジェクトストレージシステムは複数のベンダーが発売しているが、その特徴を把握することは難しい。本稿はその助けとなるべくアクセス方法やデータセキュリティ、導入オプションなどについて解説する。(2017/10/24)

バッファロー、WSS 2016を採用した法人向け6ベイNAS「WSH5610DNS6」
バッファローは、RAID 6対応のハードウェアRAIDを搭載した法人向け6ベイNAS「WSH5610DNS6」シリーズを発表した。(2017/8/30)

ITインフラを変える新潮流【前編】
徹底解説:ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を構成する新技術をチェックする
ハイパーコンバージドテクノロジーは、ディスクストレージが抱えていた問題を解決し、さらなるメリットをユーザー企業にもたらす。それは構成する要素技術の組み合わせで可能になる。(2017/6/13)

PR:Apollo Lake世代の新型NAS「AS6404T」登場 マルチメディアから業務用途まで、オールマイティな1台
ADM 3.0でさらに使いやすく。(2017/6/12)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:XtremIO、フラッシュのためにゼロから設計されたストレージの真価とは
オールフラッシュストレージ製品間の違いを見極めるには、設計を考える必要がある。XtremIOがオールフラッシュの世界でリーダーとなっている理由は、根本からオールフラッシュのための設計となっている点にある。(2017/5/15)

フラッシュでも「RAIDの限界」が見えてきた
RAID vs. イレージャーコーディング──フラッシュに最適な保護技術とは?
大容量HDDの出現により、「RAIDの限界」が取り沙汰され、イレージャーコーディングという代替策が登場した。フラッシュ時代にもこれは有効なのだろうか。(2017/4/27)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:SCシリーズは、データ管理の効率と性能を極められるストレージ
Dell EMCは、ミッドレンジのオールフラッシュ製品として「Unity」と「SCシリーズ」を展開している。このうちSCシリーズを一言で表現すれば、「使いでのある」ストレージということができる。豊富な機能を駆使してデータ管理の最適化を進めたい、あるいは複雑な要件に対応したい場合に適している。(2017/4/25)

貴重な情報を失わないために
災害対策の基本、データセンターを正しく停止させるためのチェックリスト
データセンターを停止させる場合に備えたチェックリストを作っておけば、電源を落として貴重な情報が失われる前に、ITチームがバックアップとテスト、システム確認を重点的に行う一助となる。(2016/12/21)

国内最速スパコン「Oakforest-PACS」が始動――理論演算性能25PFLOPS
東大と筑波大が運営する共同HPC基盤施設で、富士通の「PRIMERGY CX600 M1」で構成されたスパコン「Oakforest-PACS」が稼働を開始した。(2016/12/2)

AWS re:Invent 2016:
AWS、S3への直接SQLクエリ機能やAWSをIoTデバイスに「出張」させる製品を発表
米Amazon Web Services(AWS)は2016年11月30日(米国時間)、「AWS re:Invent 2016」で多数の製品を発表した。このうちAI関連以外の発表をおさらいする。(2016/12/1)

あなたの知らないハイパーコンバージドインフラの世界(5):
あらためて、ヴイエムウェアがハイパーコンバージドで目指しているものとは
ヴイエムウェアは結局ハイパーコンバージドインフラ(HCI)で何をやりたいのか。なぜ「Cloud Foundation」というもう1つのHCIが必要なのか。VMworld 2016での取材を通じて、これを明らかにする。(2016/9/16)

「本当にイケてるストレージベンダーはどこだ!?」セミナーレポート:
PR:「6社ガチンコ対決」より導く、スペック比較だけでは分からない「フラッシュストレージの選び方」
「速ければいい」「安ければいい」──果たしてそれで大丈夫だろうか。今後のビジネスに必須とされる「データ活用基盤」のために、フラッシュストレージの早期検討を進める企業が増えている。各ストレージベンダーもそれぞれ新製品を投入し、群雄割拠な状況だ。製品選定のタイミングとしては「今が旬」だが、その一方で、選択肢がたくさんあるだけに「どれが最適かを見極める」のが難しい状況にもある。2016年8月に行われたネットワールド主催のセミナー『本当にイケてるストレージベンダーはどこだ!? EMC/IBM/NetApp/Nimble/Pure/Tintriがガチンコ対決!!』は、そんな企業の「?」を解消してくれるのだろうか。(2016/9/1)

困った時にはここをチェック!:
SynologyでNAS初心者がつまずく9のポイント
どのHDDを選べばいい? 容量を増やすにはどうする? NAS初心者の疑問を分かりやすく解説。(2016/5/5)

Virtual SAN 6.2は重複除外に対応:
ヴイエムウェア、Virtual SAN強化でハイパーコンバージドインフラの選択肢広げる
ヴイエムウェアは2016年2月12日、ソフトウェアストレージ製品の最新版「VMware Virtual SAN 6.2」を第1四半期中に出荷すると発表した。フラッシュ利用時の実質コストを下げる新機能を備える。また、「Virtual SAN Ready Node」に関連し、ハイパーコンバージドインフラ利用の選択肢を広げる発表を行った。(2016/2/15)

Inter BEE 2015 Report:
PR:「4K時代」に障壁あり? 放送局や制作プロダクションが“モダン化”する道とは
4K/8K時代の本格到来を前に、報道や番組制作の現場ではワークフローの変革が求められている。撮影からファイル共有、アーカイブにいたるまで、大容量映像データのスムーズな活用を可能にするソリューションを紹介しよう。(2015/12/10)

バッファロー、RAID-6構成にも対応したThunderbolt 2外付け6ベイHDD「HD-HT/R6」
バッファローは、Thunderbolt 2接続に対応した6ベイ搭載外付け型HDD「HD-HT/R6」シリーズを発表した。(2015/9/16)

バッファロー、高速転送に対応した10ドライブ構成のThunderbolt 2/USB 3.0外付けHDD
バッファローは、RAID-5/6構成に対応した10ドライブ構成の外付けHDD「HD-DT/R6」シリーズを発表した。(2015/6/24)

なぜ、もう「RAIDではダメ」なのか
HDD大容量化による「RAIDの限界」を解決するイレージャーコーディング
HDDの大容量化に伴い、RAIDの限界が問題化してきた。RAIDの欠点とは何か。そしてRAIDに代わる技術「イレージャーコーディング」とは何か。そのメリットを詳しく解説する。(2015/6/22)

職場で役立つデジタル化レシピ:
5分で分かる、NASの耐障害性を高める「RAID」の種類とその特徴
複数台のハードディスクを組み合わせることで、万一のディスクの障害の際にもデータを復元できるようにする「RAID」。RAIDの基本的な特徴に加え、各RAIDのメリットとデメリット、および実際にドライブを構成した場合に使用できる容量をまとめた。(2015/5/13)

元データベース製品ベンダー社員が語る真実:
PR:データベース高速化でオールフラッシュストレージを諦めてはいけない理由
データベースを高速化するため、オールフラッシュストレージの購入を検討する企業は多い。一方で、製品の価格が高いために諦めるケースもよく見られる。だが、データに基づいて考えれば、多額の投資をしなくても、データベースの高速化効果を実感できる、現実的なソリューションが見えてくる。(2015/4/1)

仕事で使うNAS 第1回:
ビジネス向けNAS選びで注目したい8つのポイント
家庭やSOHOで使っても便利なNAS。数十人規模以上の中小企業で使えばより活用の場も広がる。しかし、規模が大きくなればその分、意識しなければならないことも多くなる。今回はビジネス向けNASを選ぶうえで注目すべきポイントを紹介していこう。(2015/2/12)

メモリ/ストレージ技術:
ディスクの多重故障に対応した高速リカバリ方式を開発
富士通研究所は2014年10月、ストレージディスクに多重故障が生じた場合でも短時間で復旧させるリカバリ方式を開発した。復旧時間を従来より2割以上短縮できるという。(2014/10/6)

真打ちNAS、連載開始!:
NASを使ってみたい? それなら「ASUSTOR」で1歩先を行くデジタルライフを始めよう
新興NASメーカー「ASUSTOR」は、エントリーモデルにもインテルCPUを採用し、同価格帯の製品では抜群のコスパを誇る。まさにこれからNASを導入したいと考えている人にうってつけなのだ。(2014/7/1)

SOHO/中小企業に効く「NAS」の選び方(第5回):
仕事に即戦力な「NAS」を選んでみた――利用人数別のおすすめモデルは?
ビジネス向けにNASの選び方を紹介する本連載もいよいよ最終回。松竹梅のグレードに分けて、それぞれ注目すべき製品を挙げてみよう。(2014/3/12)

SOHO/中小企業に効く「NAS」の選び方(第3回):
NAS選びに失敗しないための3大チェックポイント
NASに求められるのは何よりデータをしっかりと保護し、HDDの故障時にもきちんと復旧できることだ。今回は3つのキーワードに絞って、法人用NASを選ぶ際のチェックポイントを見ていこう。(2014/2/25)

SOHO/中小企業に効く「NAS」の選び方(第2回):
NASの法人モデルは家庭用と何が違うのか?
メーカー各社のNAS製品には、家庭向けと法人向け、それぞれ別のラインアップが存在している。これらは何が違うのか? 昨今の法人向けNASが搭載するユニークな機能の数々とともに見ていこう。(2014/2/20)

たまおきのOpenStackウォッチ(2014年1月版):
2013年のOpenStackまとめ/OpenStackコンポーネント「Swift」とは
OpenStackへの業界の期待を裏付ける動きが多数あった2013年。その中でも注目すべき3つのトピックを振り返って現状を整理しておきましょう。後半では、オブジェクトストレージ部分のコンポーネントであるSwiftについて解説します。(2014/1/20)

富士通ストレージ開発のキーマンに聞く:
PR:“世界最高クラス”の性能を実現した「FUJITSU Storage ETERNUS DX S3 series」の中身とは?
富士通の最新ストレージシステム「FUJITSU Storage ETERNUS DX S3 series」と基盤ソフトウェア「FUJITSU Storage ETERNUS SF 16」に込められた開発者の狙いとは何か? アイティメディア エグゼクティブエディターの三木泉が、“世界最高クラス”の性能の中身に迫った。(2013/11/25)

アクセス性能は最高100万IOPS:
EMCジャパンのオールフラッシュストレージ、アクセス性能と容量効率を高める
EMCジャパンは、オールフラッシュストレージ「EMC XtremIO」の出荷を開始すると発表した。最大100万IOPSのアクセス性能や、重複排除機能、容量効率の高いデータ保護方式などが特徴である。(2013/11/21)

アイ・オー、「LAN DISK」シリーズに高耐久HDD“WD Red”採用モデルを追加
アイ・オー・データ機器は、高耐久HDD「WD Red」シリーズを採用したNAS「LAN DISK XVW」「同 XRW/TM」シリーズを発表した。(2013/10/1)

PR:仮想化を成功させるのは「圧倒的なデータ保全の容易性」
データ保全は、サーバ仮想化技術を活用したIT統合を進めるうえでの課題なのだろうか。そうではない。仮想化によるIT統合は、これまで実現できなかったデータ保全手法の統一を進める、大きなチャンスだ。(2013/9/24)

AWSで無償体験も提供:
既存のPCサーバをストレージ装置に、レッドハットがソフトを刷新
レッドハットは、既存のPCサーバにインストールすることでストレージ装置を構築するソフトウェア「Red Hat Storage Server」をバージョンアップした。企業のストレージシステムに求められる機能と性能を、低価格で構築可能にするという。(2013/9/20)

シン・ゼロから始めるQNAP 番外編:
システム担当者不在でもファイルサーバは導入できるか――TurboNASを選ぶこれだけの理由
比較的少人数の間でファイルの共有を行う場合、最も手軽なのはどれか1台のWindowsマシンからファイル共有をすることだ。だが、一般PCとクライアントOSの組み合わせをサーバ用途で使うのは「運用」という面で無理がある。よろしい、ならばTurboNASだ。(2013/8/30)

PR:仮想化を成功させるのは「圧倒的な導入と拡張の容易性」
全社仮想化とは、複数の部署がこれまで運用してきた業務アプリケーションやデータを、単一のIT基盤に統合することで、ITインフラの調達および運用を効率化する取り組みだ。これを成功させるためには、ストレージの導入設計や容量計画のやり方を従来とは大きく変える必要がある。(2013/8/26)

アイ・オー、法人向けNAS「LAN DISK XR」に“WD Red”採用モデルを追加
アイ・オー・データ機器は、法人向けNAS「LAN DISK XR」シリーズ4タイプに高信頼HDD「WD Red」搭載モデルを追加した。(2013/5/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。