レビュー
» 2019年08月08日 12時00分 公開

PCもゲームもデバイスも試せて買える:ドスパラ札幌店がリニューアル、本格的なeスポーツの拠点を体験してきた (1/3)

サードウェーブが運営するPCショップ「ドスパラ札幌店」が7月26日にリニューアルし、eスポーツ体験スポット「プレイエリア」を開設した。そこではどのような体験が可能なのか、現地に飛んだ。

[渡辺まりか,ITmedia]

 2019年7月26日、サードウェーブはドスパラ札幌店をリニューアルし、1階フロアに「eスポーツ プレイアエリア」をオープンした。

自宅でも理想のゲーム環境を実現してもらいたかった

 ロールプレイングゲームに出てくる建物内の壁を思わせる意匠が施されたこのスペースは、eスポーツをプレイするのに最適なハイスペックゲーミングPCを中心としたブース10席からなるエリアだ。ユーザーはPCの他、店内にあるゲーミングデバイス約250種類を試せる場所にもなっている。

ドスパラ札幌店 ドスパラ札幌店に新設された「eスポーツ プレイアエリア」

 実は、2016年12月にも同店は改装をしており、その際は最大2人がゲーミングデバイスを試せる「GALLERIA Lounge」(ガレリアはドスパラのゲーミングPCブランド)をオープンしていた。

 店長の小林寛史さんによれば「これまでも北海道内の函館、旭川、根室や釧路からも多くのお客さまに来ていただいたが、同時に試せるのは1人か2人。もっと多くの方のアイテム選びを支援したい、もっと簡単に試遊できる場所を作りたい、という思いが募って、このような本格的なプレイエリアを作ることになりました」という。

 ゲーミングデバイスには、キーボードやマウス、マウスパッド、さらにはヘッドセットなど多岐にわたるが、「購入してから『こんなはずでは……』という後悔をしてほしくなかったんです」と同社マーケティング統括本部 副統括本部長 広報部 部長の佐久間康子さん。

 「実際に試してみないと使い勝手がよく分からないし、単体での性能だけでなくマウスとマウスパッドの相性も分からない。展示されている以外のものも、スタッフに声をかけてもらえれば箱から出して試遊できるので、自分にとって最高の組み合わせを見つけて、お買い上げいただければ家に帰ってからも最高の環境でプレイしていただけます」と説明する。

ドスパラ札幌店 プレイエリアにはこのようなブースが10席用意されている。椅子は「COUGAR ARMOR Black Gaming Chair」だ(©2019 Riot Games, Inc. All right reserved.)
ドスパラ札幌店 店内に展示されているゲーミングデバイスを試遊できる。こちらはキーボードやコントローラーのコーナー
ドスパラ札幌店 もちろん、マウスやマウスパッドの組み合わせも試せる
ドスパラ札幌店 eスポーツに欠かせないヘッドセットも利用可能だ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう