ニュース
» 2019年09月05日 11時17分 公開

マウス、2013年〜2016年販売ノートPCの一部にバッテリー発火の恐れ 無償交換を告知

マウスコンピューターは、2013年から2016年に販売を行った一部ノートPC製品のバッテリーパックに発煙・発火の恐れがあると発表した。

[ITmedia]

 マウスコンピューターはこのほど、2013年から2016年に販売を行った一部ノートPC製品のバッテリーパックに発煙・発火の恐れがあると発表した。該当製品のバッテリーパックは、長期使用による劣化と過充電の継続が行われることによって発煙/発火し、火災事故につながる恐れがあるとしている。

 対象製品についてはバッテリーパックの無償交換を予定している(2020年1月頃の見込み)。また、交換用バッテリーパックの提供が行われるまでは“バッテリーパックを本体から外して、ACアダプター接続で使用すること”、バッテリーパックを外して利用できない場合には“該当製品向けに提供される「充電制御対策のエンベデッド・コントローラーのプログラム更新」を実施すること”が呼びかけられている。

 対象製品の判定は告知ページに製品のシリアル番号を入力することで照会できる。

photo
photo シリアル番号は“U”から始まる番号、または“NKW”から始まる番号のいずれかで確認を行える

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう