ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「発煙・発火」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「発煙・発火」に関する情報が集まったページです。

カバンの中で勢いよく発火、発煙 リチウムイオン電池の事故、国民生活センターが再現動画で注意喚起
国民生活センターがリチウムイオン電池や充電器の発煙、発火事故の再現動画を公開した。日常生活に潜む危険な状況をサーモグラフィの画像付きで動画にした。(2021/3/19)

【電化製品が発火した体験談】「アルミホイルを電子レンジでチン」はNGなのかOKなのか問題
一般的にはダメと言われていますが、そういうお料理情報もチラホラ。(2021/4/10)

今こそ知りたい電池のあれこれ(2):
リチウムイオン電池で発熱や発火が起きる要因を整理しよう
小型電子機器やモバイルバッテリーの発火事故、ごみ収集車や集積場の火災、電気自動車からの出火など、リチウムイオン電池の普及に伴い、それに起因する発火・炎上はたびたび問題となっています。発熱、発火、爆発といった事故は用途を問わず大きな問題となりかねない事象です。今回は「リチウムイオン電池の異常発熱問題」について解説していきたいと思います。(2021/3/8)

iPhone XR発火で夫婦が死亡したとして、遺族がアップルジャパンを提訴
当時新機種だったiPhone XRを購入2週間後のことだったという。(2021/2/25)

車載半導体:
EVのリチウムイオン電池が燃えないために、バッテリーマネジメントにもASIL D対応
電気自動車(EV)の火災に関する報道が後を絶たない。駆動用バッテリーであるリチウムイオン電池が異常な発熱から発火に至る要因は、リチウムイオン電池の製造品質以外にも複数存在している。EVの火災やそのリスクに関連したリコールで名前が挙がる自動車メーカーやバッテリーサプライヤーをみて分かるように、技術が未熟で経験の浅い企業だけの問題とは限らない。(2021/2/24)

「炎上体質」な彼女がかわいい 感情が高ぶると発火しちゃうあつあつカップルの漫画
恋愛温度の可視化。(2021/2/17)

蓄電・発電機器:
貼るだけでリチウムイオン電池の火災を抑制、消火フィルムを新開発
凸版印刷は2021年2月15日、リチウムイオン電池用の消火フィルムを開発したと発表した。消火成分を含んだフィルムで、電池から発火した際に、有害なガスを発生させず、延焼を抑制できるという。(2021/2/15)

中国政府が米EV大手Teslaを指導 異常加速や電池発火指摘
中国政府が、米Teslaの中国法人に対し、異常加速や電池の発火、ソフトウェア更新システムなどに関する問題があるとして行政指導を行った。Teslaは米中対立の最中でも中国販売を伸ばしてきたが、当局の指導が事業にどう影響するか注視される。(2021/2/10)

バッテリー発火の延焼を防ぐ「消火フィルム」 凸版印刷が開発 リチウムイオン電池や配電盤に
凸版印刷が、リチウムイオン電池用の消火フィルムを発表した。2月から電池・電機メーカーに販売する。(2021/2/3)

テレワークで電気製品を多用、消費電力の上限は要確認 発火する事故も
テレワークなどで複数の電気製品を使うことになり、テーブルタップを使う際、タップの容量を超えたため配線に負荷が掛かり、発火する事故が起きている。電化製品がアンペア表示なら「W=A×V」で計算し、容量を意識したい。(2021/2/1)

1万860台回収:
「おひとりさま用着るこたつ」で発火の恐れ サンコーが回収へ
サンコーは12月23日、同社が販売する「おひとりさま用着るこたつ」を回収すると発表した。一部商品で電熱線の固定に不備があり、発火する可能性があるという。(2020/12/25)

バッテリーが発火?:
中国のEV新興企業が起こしたリコールから分かること
複数の報道によると、中国のEV(電気自動車)新興企業であるWM Motorは2020年10月下旬、同社の自動車4台がわずか1カ月で発火し、1000台以上をリコールするという。リコールの対象となったのは、2020年6月から9月までに生産されたWM Motorの「EX5」。2015年に設立されたWM Motorは、発火の原因について「バッテリーセル内の汚染物質が引き起こした可能性がある」としている。(2020/11/24)

【料理で事故った体験談】消火方法が分からなかったから、庫内で発火したオーブントースターを投げたら爆発した……というお話
なお、火事にはならなかったもよう。(2021/1/20)

【電化製品が爆発/発火した体験談】原因は過放電? 昔遊んでいたラジコンのリチウムイオン電池が爆発した、というお話
リチウムイオン電池は広く使われているので、ラジコン以外でも起こるかも?(2021/1/21)

ダイソーの電源タップに発火・発煙の恐れ 自主回収を開始 既に約25万3000個を販売
大創産業が、100円ショップ「ダイソー」で販売したコード付き電源タップを自主回収すると発表。内部の金具に緩みがあり、発煙や発火の恐れがあるという。(2020/8/28)

ダイソーがコード付きタップを自主回収 発煙・発火に至る恐れ
買った覚えのある方は要チェック。(2020/8/28)

見分ける方法とは:
大創産業がコード付タップを自主回収 発煙や発火の恐れ
大創産業はコード付タップを自主回収すると発表した。発煙や発火に至るおそれがあるという。対象商品かどうかを確認するにはタップ裏側の刻印と、コードに記載されているロット番号を確認する必要がある。(2020/8/28)

レノボ、タブレット製品のバッテリー充電機能でソフトウェア更新 異常発熱・発火防止で
レノボ・ジャパンが、2014年以降に発売したタブレット製品の異常発熱や発火を未然に防ぐためのソフトウェアアップデートとバッテリー無償点検を行う。(2020/5/12)

消費者庁、ワイヤレスイヤフォンの火災事故で注意喚起 過去5年で25件、ワイヤレススピーカーも16件
消費者庁がワイヤレスイヤフォンなどの火災事故について注意喚起。バッテリーからの発火や発煙といった報告が増加傾向にあるという。(2020/3/27)

ワイヤレスイヤホン及びスピーカーの発火・発煙事故にご注意! 消費者庁が8つの注意点を公開
正しい使用方法を心掛けたいですね。(2020/3/26)

蓄電・発電機器:
“燃えない”電解液を新開発、リチウムイオン電池の性能・寿命向上も実現
東京大学の研究グループが、リチウムイオン電池の発火原因となる可燃性電解液に代わる、新たな溶媒の開発に成功。これを利用すれば、高い安全性だけでなく、エネルギー密度や電池寿命など、性能面の向上も見込めるという。(2020/3/6)

第2回 資源リサイクルEXPO:
施設内の火災を瞬時に発見し、PCやスマホに高精細な映像で即時配信する新システム
近年各地のクリーンセンターなどで、ごみの中に紛れ込んだリチウムイオン電池が、処理中に発火する事故が多発している。富士通特機システムは、こ問題打開のため、施設内の火災発見に有効な発火監視通報システムを開発した。(2020/3/5)

中小企業のIT活用「発火点に達していない」 東商が「Office 365」「マネーフォワード」試用版など提供
東京商工会議所が、日本マイクロソフトなど8社と提携し、会員企業向けにクラウドサービスなどを無償提供する取り組みを始めた。(2019/12/17)

マウス、2013年〜2016年販売ノートPCの一部にバッテリー発火の恐れ 無償交換を告知
マウスコンピューターは、2013年から2016年に販売を行った一部ノートPC製品のバッテリーパックに発煙・発火の恐れがあると発表した。(2019/9/5)

アンカー、USB急速充電器の一部を販売中止&回収 製造時の不具合で発煙などの可能性
アンカー・ジャパンは、USB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」(型番:A2041121)の製造を中止し、販売した製品も回収する。(2019/7/8)

袋のままレンチンできると話題の「レンジ de ポテリッチ」自主回収 購入者から焦げ・発火の申し出
3月発売予定だった「レンジ de ピザポテト」は発売中止に。(2019/2/22)

バカッターの次は「バカスタグラム」? 変わる“バイトテロ”の発火点
「すき家」や「くら寿司」のバイト店員の不適切な動画が炎上し、運営企業が謝罪した。不適切な動画は主にTwitterで拡散されるため「バカッター」と呼ばれるが、今回の動画が最初に投稿されたのはInstagramだった。(2019/2/12)

計21車種が対象:
BMW、「118d」など約5万台リコール 排ガス冷却装置に不具合、発火の恐れ
BMWが、「BMW 118d」「BMW 218d ActiveTourer」など21車種・計5万3318台をリコール。排気ガス冷却装置の耐久性が不十分であり、火災に至る恐れがあるため。4件の不具合が報告されているが、事故は起きていないという。(2018/11/27)

五輪に向けテロ対策強化:
東京メトロ、「刃物男」など想定した防犯訓練を公開 「さすまた」で客の安全守る
東京メトロが防犯訓練の模様を報道陣向けに公開。刃物を持った不審者と、線路内に投げ込まれた発火物に対処するもので、約150人の社員が参加。2020年の東京五輪に向けて、テロ・治安対策を強化する狙い。(2018/11/13)

冠水・浸水してしまったクルマに注意 「水が引いた後に発火する可能性も」「特にハイブリッド車/EVはむやみに触らないように」JAFが注意喚起
ただちにロードサービスや自動車販売店に連絡を。(2018/7/9)

扇風機やエアコンの思わぬ火災に注意 動きが悪い扇風機や、電源コードの延長接続をしたエアコンに発火の可能性
毎年夏に扇風機とエアコンの事故が発生しています。(2018/6/30)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(10):
水蒸気蒸留が違いを生み出す、日本発の加熱式たばこ「Ploom TECH」
加熱式たばこが人気である。通常の紙巻きたばこが、たばこの葉を「燃焼」させて煙を吸引するのに対し、加熱式たばこは発火点より低い温度で「加熱」するのが特徴だ。今回は、日本発の加熱式たばこ「Ploom TECH」の開発元であるJTに話を聞いた。(2018/6/26)

東芝、PC用ACアダプターを無償交換 発煙、発火の恐れ
(2018/6/22)

東芝、ノートPC用ACアダプターの一部製品に発煙・発火の恐れ 無償交換を実施
東芝クライアントソリューションは、2009年12月から2011年7月に生産された同社製ノートPC用ACアダプターの一部で発煙・発火に至る可能性があると発表した。(2018/6/22)

パナソニック、Let'snoteとタフブックでバッテリー劣化が進むと発火の可能性 対策プログラムを5月に提供予定
パナソニックは、同社製ノートPC「Let'snote」およびタフブックシリーズで劣化の進んだバッテリーパックから発火が生じる可能性があるとの告知を行った。(2018/3/29)

「Let'snote」などバッテリー発火の恐れ 117万台リコール 充電制御ユーティリティ適用を
「Let'snote」シリーズの一部などで、劣化の進んだバッテリーパックから発火する恐れがあるとして、約117万台のリコールをパナソニックが発表した。(2018/3/29)

パナソニックのノートPCでリコール バッテリーパックが発火する可能性
充電制御ユーティリティーを設定するようよびかけています。(2018/3/28)

「ThinkPad X1 Carbon」の第5世代(2017年モデル)で無償点検・修理 バッテリー異常発熱の恐れ
ThinkPad X1 Carbon(第5世代:2017年モデル)において、ネジ脱落に起因する内蔵バッテリーの異常発熱が発生する恐れがあることが判明した。当該の本体については、レノボの修理拠点での無償点検・修理対象となる。(2018/2/7)

医療技術ニュース:
匂いの濃度が変化しても同じ匂いだと分かる理由
理化学研究所は、哺乳類の感覚情報処理の1次中枢である脳の嗅球において、神経細胞の発火タイミングに基づく匂いの情報識別の仕組みを解明した。濃度が変化しても同じ匂いだと感じられる理由の1つに、発火タイミングの安定性があることが分かった。(2018/1/5)

富士通、ノートPCバッテリーをリコール 発火の恐れ
経済産業省は、富士通製ノートPCのバッテリーパックに発火の恐れがあるとして、リコールを発表した。(2017/12/13)

Let'snote用バッテリーで新たな発火事故が発生 約14万個が交換対象に
パナソニックは、同社製ノートPCのバッテリーパックで2017年に連続して発火事故が発生したと発表、リコールを実施する。(2017/12/7)

パナソニック、ノートPCのバッテリー14万個回収 発火の恐れ
2012年2月〜14年6月にパナソニックが製造したノートPC「CF-SX」「NX」シリーズで、バッテリーパックが発火する恐れ。約14万個を回収する。(2017/12/6)

「絶対に発火しない電池」実現へ 「火を消す」電解液、東大など開発
絶対に発火しない電池実現へ――消火機能を備えた高性能有機電解液を、東京大学大学院などの研究グループが開発した。(2017/11/28)

山手線での発火事故:
安価なバッテリーの落とし穴、設計上の問題を探る
2017年9月にJR山手線で発生した、リュックサックの発火事故は、中に入っていたモバイルバッテリーが原因だと見られています。バッテリー発火の原因を探ると、設計者として注意すべきことが見えてきます。(2017/9/15)

「モバイルバッテリーの発火事故」はなぜ起きた? 原因と安全な製品の選び方
「安価なモバイルバッテリー」の危険性とは。(2017/9/13)

最新モデルと交換:
ユピテル、ドライブレコーダー発火で8万5000台回収
車載機器メーカーのユピテルが、同社が販売したドライブレコーダー「DRY-FH200」約8万5000台を回収すると発表。(2017/9/4)

ドライブレコーダーが発火 ユピテルが8万5000台無償交換
ユピテルがドライブレコーダー「DRY-FH200」を無償交換。発煙・発火の恐れがあるという。(2017/9/4)

ユピテルのドライブレコーダー回収 発煙・発火の可能性
同社製ドライブレコーダー「DRY-ST1000c」に交換する。(2017/9/4)

Samsung、約10万円の「Galaxy Note8」発表 「昨年の不幸は絶対に忘れない」
Samsung Electronicsが発火問題で回収した「Galaxy Note7」の後継モデル「Galaxy Note8」を発表した。米国では9月15日に発売する。価格は過去最高の929.99ドル(約10万円)からだ。(2017/8/24)

韓国で発売の「Galaxy Note7」“ファンエディション”をiFixitが分解 小さくなったバッテリーを確認
Samsungが、発火問題で販売停止になった「Galaxy Note7」の未使用部品で製造し、韓国で発売した「Galaxy Note Fan Edition」をiFixitが分解した。バッテリーが小さく、軽くなった他はNote7と同じだった。(2017/7/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。