モバイルバッテリーを車内に放置すると発火の恐れ NITEが注意喚起

» 2023年06月28日 12時18分 公開

 製品評価技術基盤機構(NITE)は、6月27日にモバイルバッテリーを自動車内に放置した際の発火事故へ注意喚起を行った。

 2022年10月、日中に屋外駐車場の自動車内でモバイルバッテリーを充電コードのみ接続した状態で置いていたところ、製品と周囲の座席シートが焼損する事故が発生した。事故発生当時の天気は快晴で気温は30度だったため、高温の自動車内に放置していたことが要因の1つと推定している。

 モバイルバッテリーなどのリチウムイオンバッテリー使用製品は、熱の影響で異常な反応が起きて破裂/発火する恐れがある。モバイルバッテリー、スプレー缶などの高温下での使用や保管を禁止している製品は、自動車内など高温下に放置しないよう呼びかけている。

NITE モバイルバッテリー発火の実験映像

 また、2020年7月にはインターネット通販で購入した携帯用扇風機を充電中、携帯用扇風機と周辺を焼損する火災が発生。リチウムイオンバッテリーが内部ショートして異常発熱し、焼損したものと考えられるが、製事業者名は記載されておらず販売店の連絡先は中国になっていたという。

 携帯用扇風機に搭載されたリチウムイオンバッテリーが地面に落とすなど強い衝撃で損傷した場合や、一般ごみなどと合わせてごみ収集車に積み込まれて押しつぶされると発火や破裂の恐れがある。購入時は製造/輸入事業者や販売元の修理窓口に連絡が取れることを基準とする、廃棄する場合は分別方法など含め各自治体の指示に従うよう注意喚起している。

NITE 携帯用扇風機の実験映像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月21日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー