ニュース
» 2019年11月07日 23時00分 公開

日本での登場も近い?:Ryzen 9 3950Xは749ドルで11月25日発売――第3世代ThreadripperはsTRX4に (1/2)

AMDが、2019年秋のデスクトップCPUアップデートを発表した。発売が遅れていたRyzen 9 3950Xと、第3世代Ryzen Threadripperの情報をお届けする。

[石川ひさよし,ITmedia]

Ryzen 9 3950Xは間もなく。ついに発売日と価格が明らかに

 Socket AM4プラットフォームでは2つの製品が投入される。1つは既に第3世代Ryzen発表時から公言されている最上位モデル「Ryzen 9 3950X」。16コア32スレッドに対応するCPUだ。動作クロックはベースが3.5GHz、ブースト時は最大4.7GHzとなる。L2とL3キャッシュの合計容量は72MB、TDPは105Wとされている。価格は米国で749ドル、発売日は11月25日だ。

Ryzen 9 3950X Ryzen 9 3950X
Ryzen 9 3950X Ryzen 9 3950Xのスペック

 第3世代Ryzenでは、チップレット構造を用いてスケーラブルなCPUコア数バリエーションを展開してきた。1つのCCDで8コアとされており、Ryzen 9などの8コアを超えるモデルでは2つのCCDをcIOD(I/Oダイ)に接続することで実現している。

 CCDが1つが8コアとすると、2つなら最大16コアとなる。しかし、これまでのラインアップでは12コアのRyzen 9 3900Xが最上位で、これは8コア中2コアをDisable化したものだった。Ryzen 9 3950Xは、つまりSocket AM4の第3世代Ryzenのフルスペックを実現したと言える。

Ryzen 9 3950X 第3世代Ryzenのポジショニング

 冷却に関しては、「ラジエーターが280mmサイズ以上の簡易水冷をお勧めする」とのことだ。また、TDP 105WのRyzen 9 3950Xは「ECO-MODE」を利用可能であり、これを利用すると65Wで動作させることができる。パフォーマンスはTDP 105W時に対して最大77%にとどまることになるが、CPU温度は7度下がり、消費電力は44%抑えられるとのことだ。

Ryzen 9 3950X 冷却には簡易水冷でも比較的大型のものが推奨される

 もう1つのSocket AM4モデルは「Athlon 3000G」だ。APUモデルのエントリーモデルとなり、GPU機能はRadeon Vega 3 Graphicsを搭載している。TDPが35Wで2コア4スレッド、動作クロックは3.5GHzで、旧モデルにあたるAthlon 200GEに対して300MHz引き上げられている。こちらは価格が49米ドルで、発売が11月19日の予定とされる。

Ryzen 9 3950X Athlon 3000G
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう