プロナビ
ニュース
» 2019年11月13日 13時30分 公開

「Windows 10 バージョン1909(November 2019 Update)」製品版が登場 Windows Updateから「オプションの更新」として適用可能

Windows 10の最新バージョンが、一般ユーザーにも配信され始めた。Windows Updateにおいて手動で更新を確認するとインストール可能だ。

[井上翔,ITmedia]

 Microsoftは11月13日(日本時間)、「Windows 10 バージョン1909(November 2019 Update)」の製品版を公開した。現時点ではWindows Updateの「オプションの更新プログラム」として適用できる(詳しくは後述)。

Windows 10(1909) Windows 10 バージョン1909の製品版のビルド番号は「18363.476」となる

Windows 10 バージョン1909の概要

 Windows 10 バージョン1909は、Microsoft内部で「19H2」と呼ばれていた機能更新プログラム(大型アップデート)。前バージョンの「バージョン1903(May 2019 Update)」と比べると、機能や仕様面での大きな変更はないが、主に以下の機能改善が行われている。

  • タスクバーのカレンダー表示からスケジュールを登録する機能の追加
  • 通知の管理の機能強化
  • エクスプローラーにおいて、「OneDrive」にあるオンラインファイル(≒ダウンロードされていないファイル)も検索可能に
  • スタートメニュー左端のナビゲーションアイコンにマウスポインタを乗せると、項目名が展開するように
  • ロック画面でもサードパーティーの音声アシスタント(Amazon Alexaなど)を呼び出せるように
マウスポインタを乗っける スタートメニューのナビゲーションアイコンにマウスポインタを乗っけると……
項目名 その項目名が展開される

まずアップデートとして配信

 記事掲載時点において、バージョン1909の配信対象は更新を手動検索したデバイスに限られる。適用の手順は以下の通り。

  1. 「設定」の「Windows Update」を開く
  2. 「更新を確認」をクリック(タップ)する
  3. 「オプションの更新プログラムがあります」の欄に「Windows 10、バージョン1909の機能更新プログラム」が表示されていることを確認する
  4. 「今すぐダウンロードしてインストールする」をクリック(タップ)する
  5. 再起動を促されたら「再起動」をクリック(タップ)する

 バージョン1903からバージョン1909へのアップデートは、従来の大型アップデートよりも短時間かつ少ない再起動で適用できる。筆者のメインPCの環境では、ダウンロード開始から適用完了までの所要時間は約12分だった。

Windows Update 手動で更新を検索すると「オプションの更新プログラム」として表示される(筆者の環境の都合で、表示はイギリス英語となっている)

 なお、オプションの更新プログラムとしてバージョン1909が表示されない場合、バージョン1903において互換性問題が生じているかサポートされないハードウェアやソフトウェアがインストールされているなど、既知の問題によってアップデートがブロックされている可能性がある。バージョン1909における既知の問題は、MicrosoftのWebサイトで公開されている。

Windows 10 Home/Pro(バージョン1803)はサポート終了

 現在のWindows 10のライフサイクルポリシーでは、機能更新プログラムはリリース日から18カ月間(Home/Pro)または30カ月間(Enterprise/Education)のサポートが提供される。

 これに伴い、Windows 10 Home/Proの「バージョン1803(April 2018 Update)」は、米国時間の11月12日をもってサポートが終了となる。アップデートを始めとするサポートを今後も継続して受けたい場合は、「バージョン1809(October 2018 Update)」以降に更新しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう