未来を創る「子どもとプログラミング教育」
ニュース
» 2019年11月21日 12時36分 公開

Apple、子供向けプログラミング学習カリキュラム「Everyone Can Code」を拡大

Appleは、子供向けプログラミング学習カリキュラム「Everyone Can Code」のリニューアルを発表した。

[ITmedia]

 Appleは、子供向けプログラミング学習カリキュラム「Everyone Can Code」のリニューアルを発表した。

photo
photophoto

 今回の改訂では、新しくなった生徒向けガイドや教材、教師向けリソースなどをカリキュラムとして提供。プログラミングの概念を試行錯誤しながら学んでいける「Everyone Can Codeパズル」などを用意している。

 また12月には、コンピュータサイエンス教育週間を祝して、全世界のApple直営店でToday at Appleのセッション(参加費無料)のセッション数を拡大。プログラミングを体験する機会を数多く提供する、としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう