ニュース
» 2019年12月16日 17時00分 公開

ビューソニック、Wi-Fi接続もサポートした4K対応DLPプロジェクター

ビューソニックジャパンは、4K解像度での投写をサポートしたDLPプロジェクター「X10-4K」を発売する。

[ITmedia]

 ビューソニックジャパンは12月16日、4K解像度での投写をサポートしたDLPプロジェクター「X10-4K」を発表、12月19日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は16万円前後。

photo
photophoto X10-4K

 3840×2160ピクセル表示に対応するDLPプロジェクターで、LED光源を採用し2400ルーメンの明るさを実現。約1.77mの位置から100型の投写ができる短焦点モデルとなっている。またHarman Kardon製スピーカー(出力は8W×2)を内蔵しているのも特徴だ。

 映像入力はHDMI 2.0×2に加え、USB Type-C×1も装備。また無線LAN経由でiPhone/Androidデバイスの画面をミラーリング表示することも可能だ。本体サイズは261(幅)×271(奥行き)×166(高さ)mm、重量は約4.1kg。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう