ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「ViewSonic」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ViewSonic」に関する情報が集まったページです。

ビューソニック、VAパネル採用で約5万円のHDR対応31.5型4K液晶ディスプレイ
ビューソニックジャパンは、HDRにも対応した31.5型4K液晶ディスプレイ「VX3211-4K-MHD-7」を発売する。(2018/8/28)

ペンタブレットの技術の歴史
徹底解説:アクティブスタイラスペンの2大巨頭、ワコムとN-trigは何が違うのか
アクティブスタイラスペンの2大巨頭といえば、ワコムとN-trigだ。この2社の技術は、具体的に何が違うのだろうか。技術の歴史を振り返りながら解説する。(2016/12/10)

今後の有力なVDI端末の選択肢
「Raspberry Pi」の“35ドル”仮想デスクトップ、実機テストで分かった実力とは
「Raspberry Pi」が非常に安価なため、シンクライアントとして活用を検討する企業は少なくない。しかし、進める上で注意するべきポイントがある。(2016/7/7)

XenApp/XenDesktopの導入コストを下げる
「Raspberry Pi」搭載端末が1万円以下、CitrixのVDIクライアントは買いか
CitrixはRaspberry Piと共同で超低価格のシンクライアントを開発する。リモート表示プロトコルのHDX用に最適化し、XenAppおよびXenDesktopの導入コストの削減を狙う。(2016/6/23)

ViewSonic、ゲームプレイ向けフルHD液晶ディスプレイ3製品
ViewSonicは、ゲームプレイに特化した21.5型/23.6型/27型液晶ディスプレイ「VX2257-mhd」「VX2457-mhd」「VX2757-mhd」計3製品を発表した。(2016/6/6)

ViewSonic、IPSパネル採用の25型フルHD液晶「VX2573-shw」
ViewSonicは、フルHD表示対応の25型ワイド液晶ディスプレイ「VX2573-shw」を発表した。(2015/10/23)

3D Blu-ray対応で10万円切り!:
ビューソニック、9万円台の3200ルーメン/フルHD対応、DLPプロジェクター「PJD7822HDL」発売
米ビューソニックは、1080p出力に対応したDLPプロジェクター「PJD7822HDL」を発売した。価格は9万9900円前後(税込)の見込み。(2015/2/16)

ViewSonic、IPSパネル採用のスタンダード21.5型/23型ワイド液晶2製品
ViewSonicは、フルHD表示対応の21.5型/23型ワイド液晶ディスプレイ計2製品「VX2263Smhl-W」「VX2363Smhl-W」の販売を開始する。(2015/1/27)

ViewSonic、MHL対応の28型フルHD液晶ディスプレイ「VX2858Sml」
ViewSonicは、フルHD表示対応の28型ワイド液晶ディスプレイ「VX2858Sml」の販売を開始する。(2015/1/26)

NVIDIA、ティアリングもカクつきもないゲームプレイを実現する「G-SYNC」技術を投入
ASUSやBenQが対応ディスプレイを投入予定。(2013/10/22)

NokiaがHTC、RIM、Viewsonicを特許侵害で提訴
NokiaがAndroid端末メーカーのHTCとViewsonic、BlackBerryのRIMを特許侵害で提訴した。同社は昨年、特許訴訟でAppleと合意し、一時金とライセンス料を獲得している。(2012/5/4)

MicrosoftとSamsung、クロスライセンス契約 Android端末でライセンス料徴収
昨年のHTCに続いて、SamsungもMicrosoftとAndroidに関するライセンス契約を結んだ。大手2社のAndroid端末にライセンス料が課されることになる。残る大手のMotorolaはGoogleに買収される予定で、現在Microsoftと係争中だ。(2011/9/29)

MicrosoftとAcer、Androidに関する特許契約を締結
Microsoftが、Windows Phone端末も手掛けるAcerおよびViewSonicと、Androidをめぐる特許ライセンス契約を結んだ。(2011/9/9)

クォーレスト、Androidも利用できる“デュアルOS”搭載タブレットPC「ViewPad10pro」
クォーレストは、ViewSonic製となるWindows/Androidデュアルブート対応の10.1型ワイド液晶内蔵タブレットPC「ViewSonic ViewPad10pro」を発表した。(2011/8/17)

プロセッサ/マイコン:
IntelがAtomのロードマップを修正、消費電力でARMに匹敵すると主張
Intelは低消費電力プロセッサAtomのロードマップを一新した。処理性能はそのままに消費電力を大幅に引き下げることで新しい製品市場の獲得を狙う。15W級のAtomで極薄型のノートPCが設計できるようにする他、1Wを下回るSoC用コアでスマートフォンを狙う。競合はARMだ。(2011/6/2)

iPad 2、Consumer Reportsの性能テストで最高評価を獲得
2位はMotorolaのAndroidタブレット「XOOM」、3位は「iPad」だった。(2011/4/6)

せかにゅ:
無料ゲームで高額請求、米議員がiPhoneアプリ内課金への調査要求
無料のiPhoneゲームで子供がアプリ内購入機能を使い、保護者に高額な請求が――というニュースを受け、米議員が米連邦取引委員会に懸念を伝えている。(2011/2/9)

次世代Android「Honeycomb」搭載タブレット、Google幹部が披露
GoogleのAndroid担当幹部が、タブレットに最適化された次のバージョンのAndroidを搭載したMotorola製タブレットをデモした。(2010/12/8)

Google Chrome OSの立ち上げ延期 その理由は?
Chrome OSの登場が数カ月後に延期された。iPadによるタブレットブームやAndroidの台頭で、GoogleはChrome OSの戦略を再検討しているのかもしれない。(2010/11/24)

Android、iPhoneに求められるセキュリティ
タブレット端末が企業にもたらす課題とチャンス(前編)
セキュリティと管理上の観点から言えば、iPadのような新世代のタブレットはPCとは異なる扱いが必要だ。(2010/11/19)

Google、Chrome OS搭載Netbookを今月発売――台湾メディアが報道
発表から1年、予定通りChrome OS搭載のNetbookが発売されるようだ。Nexus One同様にGoogleがオリジナル製品をWebで販売するほか、AcerやHPも投入を計画中といううわさだ。(2010/11/4)

Androidタブレット「ViewPad」発表 デュアルブートモデルも
ViewSonicが米国で発売する「ViewPad」は、7インチと10インチの2機種。うち1つはWindows 7とAndroid 1.6のデュアルブートだ。(2010/11/2)

せかにゅ:
東芝やSamsungのタブレット、「触ってみた」動画がWebに
東芝、Samsungなどが続々とAndroidタブレットを発表している。実機に触れてみた様子を収めた動画が、早速Webに投稿されている。(2010/9/3)

「Googleがタブレット開発」のうわさ、その意味は?
GoogleがAndroidを搭載したタブレットの開発を検討しているとうわさされている。もしそのような製品が登場するのなら、GoogleはAppleに追いつけるのだろうか。(2010/4/20)

うわさのGoogleタブレット、Chrome OS搭載でないのはなぜか
GoogleがAndroid搭載のタブレットを開発していると報じられている。だが、なぜPC向けのChrome OSではなく、携帯向けのAndroidなのだろうか?(2010/4/19)

2009 International CES:
サプライズはないけれど2009年のNVIDIAは見えてくる
NVIDIAがInternational CESでブースを設けたのは「商談スペース」のすぐとなり。すぐ裏にある密室で公にできない秘密のブツを見せてくれるハズ……。(2009/1/15)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
中国電脳街の美人店長と値引き交渉
「複雑怪奇!」な中国電脳街の購入術。白物家電にPCパーツアップグレードとなかなかにディープな世界を紹介してきたが、今回は液晶ディスプレイで値引き交渉に挑戦した。(2008/6/16)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
中国巨大市場を群雄割拠するPCメーカー
三国志でいえば「魏」「呉」「蜀」規模の中原の覇者となりうるPCメーカーから、奥地のみで勢力を拡大する「南蛮」のようなPCメーカーまで、中国には多くのPCメーカーが存在する。(2006/8/8)

旧式のPC利用で職場の士気低下――英調査
欧州で実施された調査によれば、オフィスで旧式のコンピュータ/ディスプレイを使っていると従業員の病欠が増え、仕事に対する満足度も低下するという。(2006/5/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。