プロナビ
ニュース
» 2020年03月02日 12時41分 公開

リコー、スキャン文書を即座にkintoneアプリで利用できるクラウドアプリケーションを発売

リコーは、サイボウズ製業務用サービスと連携可能なクラウドアプリケーション「RICOH カンタンドキュメント活用 for kintone」を発表した。

[ITmedia]

 リコーは3月2日、サイボウズの業務用サービスと連携可能なクラウドアプリケーション「RICOH カンタンドキュメント活用 for kintone」を発表、3月9日に提供を開始する。

 業務アプリ構築クラウドサービス「kintone」で、紙文書のスキャンデータを容易に利用可能にするアプリ。リコー製複合機でスキャンした文書データを、PCや外部サーバなどを経由せずkintoneアプリに直接登録することができる。受信したファクスの自動登録などにも対応、紙文書の電子化や共有化に関する業務負担を軽減することが可能だ。

製品名 標準価格(税別)
RICOH カンタンドキュメント活用 for kintone(新規レコード登録・既存レコード登録) RICOH クラウドアプリケーション スタートパック 初回 5,000 円/1 契約
RICOH カンタンドキュメント活用 for kintone 月額契約 1500 円/1 デバイス
RICOH カンタンドキュメント活用 for kintone 年額契約 1万8000 円/1 デバイス
RICOH カンタンドキュメント活用 for kintone(ファクス受信モデル)(ファクス受信登録) RICOH クラウドアプリケーション スタートパック 初回 5000 円/1 契約
EDW ファクス転送アプリインストールキット 2000 円/1 デバイス
RICOH カンタンドキュメント活用 for kintone(ファクス受信モデル) 月額契約 2000 円/1 デバイス
RICOH カンタンドキュメント活用 for kintone(ファクス受信モデル) 年額契約 2万4000 円/1 デバイス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう