ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

「kintone」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「kintone」に関する情報が集まったページです。

20代でマネジャーに“抜擢”も……あえて「プレイヤーに戻った」 サイボウズ若手の選択
「マネジャーになって視座が上がった」「メンバー時代には分からなかったことに気付けた」──そう語るのは、とある20代の若手社員だ。しかし彼は1年7カ月でマネジャー職を辞すことを決め、現在ではいちプレイヤーとして勤めている。(2024/5/17)

7県で100店舗超を運営する老舗企業、システム乱立抑止への挑戦:
PR:従業員のコンプライアンス向上を「すぐに」「低コスト」で実現
多数の店舗や拠点を抱える企業にとって、迅速な情報共有や昨今厳しさを増すコンプライアンスの向上施策は喫緊の課題となっている。ローコードツールであるkintoneとグループウェアのGaroonの導入で問題を解決しつつ、今後のIT戦略の中核に両ツールを据えるスーパーマーケットチェーンの事例を紹介する。(2024/4/10)

伊藤忠丸紅鉄鋼が進める「泥臭い業務改革」 200個のアプリを内製で開発
デジタル化が遅れる鉄鋼業界で、伊藤忠丸紅鉄鋼がITを利用した業務改革を進めている。草の根的な活動から始め、現在では約200個のアプリを開発した同社の取り組みとは。(2024/3/30)

4つの事例に学ぶ:
PR:ノーコードツールをDXにつなげるための人材育成とガバナンス確保の肝
現場の従業員が自ら業務を改革する手段として、ノーコードツールが普及している。そのための人材をどうやって育てればよいのか、ガバナンスをどうやって確保するのか。ノーコードツールのエキスパートが語った。(2024/3/28)

訪問してみた:
「スタジアム」のようなオフィス サイボウズが広島進出で得たメリットとは?
クラウドサービス「kintone」などを提供するサイボウズが23年7月に新設した広島オフィス。オフィスのコンセプトや、開設によって生まれた営業効率だけではないメリットとは。(2024/2/26)

PR:kintoneやAppSheetなど、自社に合ったノーコードツールを選ぶ秘訣は?
kintoneやAppSheetをはじめとするノーコードツールは現在、数多く存在している。しかし、豊富な選択肢の中から自社に適したツールをどのように選定すれば良いだろうか。自社にあった製品を探している業務リーダーに向け、それぞれの特性や選び方をUSEN Smart Works代表取締役社長の大下幸一郎氏に聞いた。(2024/2/20)

PR:kintone×生成AIでビジネスはどう変わる? サイボウズとM-SOLUTIONSのトップが解き明かす、次なるイノベーションの鍵
(2024/2/8)

イノベーションのレシピ:
リコーの共創活動拠点「RICOH BIL TOKYO」が20倍に拡張、最新AIで課題解決を加速
リコーが、品川エリアにリニューアルオープンする顧客との価値共創活動拠点「RICOH BUSINESS INNOVATION LOUNGE TOKYO(RICOH BIL TOKYO)」を報道陣に公開。最新のAI技術を活用した同所の特徴やリニューアルオープンの狙いについて説明した。(2024/1/29)

不要な業務アプリが1900個も 20年使ったシステムの引っ越しに見る「業務のムダ改革」
古いシステムから新しいシステムへの移行は大がかりだ。大陽日酸でも20年使用したNotesからの引っ越しでさまざまな「業務のムダ」が見つかった。不要な業務アプリや、膨大な問い合わせ……どのように乗り越えていったのか?(2024/1/29)

東急百貨店のkintone活用術 "紙だらけ"の業務をどう変革したか?
紙ベースの顧客管理を行っていた東急百貨店がkintoneを使ったDXを実施。「顧客データのデジタル管理」「新サービスのリリース」「社内教育の徹底」を実現した。(2023/12/19)

「いつでも、どこでも、かんたんに」を実現:
PR:6製品を比較 新グループウェアに「Garoonとkintoneの組み合わせ」を選んだ理由
ITシステムの刷新時に、選定担当者は何に注意すべきだろうか。サイボウズ主催のイベント「Cybozu Days 2023」のセッション「DX推進担当が語る! Microsoft 365ではなくGaroon・kintoneを選んだワケ」で語られたポイントを紹介する。(2023/12/18)

「大企業ならでは」の課題をいかに解決したか:
PR:「ITが苦手」社員に浸透する社内ポータル 実現のためのコツを解説
従業員のITスキルがまちまちな大企業で社内ポータルをどう管理すべきか。サイボウズが2023年11月8〜9日に開催した「Cybozu Days 2023」のセッション「ポータル管理をもっと楽に!クラウド版 Garoon で実現する情シスのためのおてがる管理術」で紹介されたシダックスの事例を見てみよう。(2023/12/15)

パソナとサイボウズがクラウド型人事管理アプリを共同開発 人的資本の開示対策となるか
パソナとサイボウズは、クラウド型人事管理アプリ「kintone HR Powered by PASONA」を共同開発し、2023年11月7日より販売開始した。2023年3月期決算より義務化される、人的資本の開示に役立ちそうだ。(2023/11/9)

「相談を待っているだけでは駄目」:
導入で得られたのは「2つの効果」と「2つの教訓」 JALが模索する“事業部門を巻き込んだ業務アプリ開発の最適解”とは
ローコード/ノーコード開発ツールにメリットがあることは言うまでもないが、IT部門にとって気になるのが「導入しても活用できるのか、しっかりと定着するのか」といった点だ。導入しても、いつも同じ人が開発していたり(属人化)、業務に合わず使われなくなったり(陳腐化)するのでは意味がない。ではIT部門として、どういったアプローチを採るべきなのか。(2023/9/27)

SaaSを身近にする1日:
PR:「SaaSに浸るイベント」に行ってきた! “おしゃれ空間”で語り合う将来像 AI活用の可能性を見た!
(2023/9/22)

サイボウズが「DX人材育成ガイドライン」を無料公開 「kintone」を利用
DX人材不足に悩みながらも、積極的な施策を打つ企業はまだ少ない。社内の人材をDX人材として育成するためには何が必要か。有名企業のDX推進事例と併せて紹介するガイドラインをサイボウズが公開した。(2023/8/29)

ノーコード開発、これだけは押さえて(3):
ノーコード開発ツール選定で見落としがちな「機能がある」と「業務で使える」の違い
ノーコード開発ツールの基礎と、ツール活用に必要な要素について解説する本連載。第3回は具体的なツールの選び方について。機能の良しあしでは判断できない、ノーコード開発ツールならではの観点を解説する。(2023/8/1)

ユーザーのDX成功体験から学ぶ「kintone」の活用方法
現場の業務課題の解決にはノーコード/ローコード開発ツールが役立つ場合がある。これは現場主導のDX推進にもつながる。ユーザーイベントに集まった各社の担当者がどのようにアプリ開発を進めたのかを紹介する。(2023/7/31)

レガシー産業とDX:
長野の老舗葬儀屋は、なぜ社長交代でDXに成功したのか
DXが後れているといわれるレガシー産業でも、トップが現状に危機感を持つ企業は業務効率化や働き方改善を積極的に推進している。長野の老舗葬儀屋の例を紹介しよう。(2023/7/21)

ノーコードツールでITスキルを向上し、デジタル化の遅れを挽回:
PR:伴走型SI企業との連携で業務アプリ内製と社員スキル向上に成功 伊藤忠丸紅鉄鋼が取り組むBPR
DXの一環でシステムの内製化に取り組む企業が増えている。中でもノーコード/ローコードツール「kintone」を活用して業務改善と社員のスキル向上を両立しているのが伊藤忠丸紅鉄鋼だ。伴走型SI企業との連携で成果を挙げている同社の道のりを通じて、組織へのデジタルツール浸透のポイントを学ぶ。(2023/7/25)

サイボウズがベンチャーキャピタル組成 生成AI・Web3スタートアップを支援へ
サイボウズがベンチャーキャピタル「kintone Teamwork Fund」を組成し、出資や支援を希望する企業の募集を開始した。「kintone」との連携を前提に、Web3や生成AIなどを活用するスタートアップを支援していくという。(2023/7/5)

新規ビジネスに必要なツールとは:
PR:「既存業務の改革」と「新規事業の開発」の両輪を回すために「kintone」が提供する“新たな価値”
急速に変化する時代で生き残るために、新規ビジネスに挑戦する企業が増えている一方で、人材不足やコスト超過といった課題から取り組みを推進できないケースも多い。このような課題をkintoneはどのように解決するのだろうか。(2023/6/19)

「この契約書、稟議に回しておいて」 法人カードのUPSIDER、対話形式で契約締結や稟議、支払いが可能な「AI Coworker」
AI Coworkerは、会話形式で契約書の締結、稟議承認、支払いなどが行えるサービス。AIとはSlackを通じてやりとりし、AIが契約や稟議、支払いを取り扱うSaaSにアクセスして処理を行う。freee会計、クラウドサイン、DocuSign、Google Workspace、Salesforce、kintoneをはじめとする、成長企業での使用例が多い業務システムへの対応を予定している。(2023/6/7)

市内公立小中の全教員にkintoneアカウント配布 静岡県三島市が教育DXの一環で
静岡県三島市教育委員会が、市内の全公立小学校・中学校の教員に、ノーコード開発ツール「kintone」のアカウントを配布。同市は2021年からkintoneを使った教育現場の業務改善に取り組んでおり、一定の成果が出たことから、全教員にアカウントを提供するという。(2023/5/26)

残業やエラーを減らした:
ほとんどの単純作業は自動化できる、OniGO社のSaaS活用術
人事の繁忙期は年に5回と言われている。労務を兼務していると、給与計算が発生する毎月末も残業が増える。こうした業務を効率化するために、担当者はどのようなSaaSを活用しているのだろうか。宅配スーパーを運営しているOniGO社に話を聞いたところ……。(2023/5/11)

年2万時間以上の業務を削減した事例も
RPA連携でまだまだ引き出せる「kintone」の導入効果、他社が成功した手法は?
ノーコード開発ツール「kintone」の利用企業が増えているが、その効果をさらに引き出すために導入したいのがRPAだ。ただ、片方のツールで変更が生じるとロボットが正常に稼働しないケースもある。他社はどう解決しているのか。(2023/4/28)

教頭先生、GoPro装着! まる1日“学校DX”の課題探し 実際にやった教育委員会に話を聞いた
「教頭先生の頭に『GoPro』を装着して現場を観察するなど、結構斬新なことをやった」──静岡県三島市教育委員会による業務改善の裏側。キーパーソンに詳細を聞いた。(2023/4/24)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(100):
「仕事が『つまんない』ままでいいの?」の竹内さんに聞く、「これからの働き方」
連載100回を続ける中で変わってきた心境、人脈とは何か、複業との向き合い方、人生100年時代のキャリア戦略、などをふんわりと語ってもらいました。(2023/4/12)

Sansanとリコーが業務提携 請求書受領の「Bill One for RICOH」を中小中堅向けに販売
Sansanとリコーは4月6日、業務提携しインボイス受領サービス「Bill One for RICOH」をリコーが中堅中小企業向けに販売すると発表した。「Bill One」の基本機能を引き継ぎながら、中小中堅企業向けの専用の料金プランを用意する。(2023/4/6)

PR:kintoneの研修サービスは本当に必要か? サイボウズ公認講座「クラウドユニバーシティ」に見た真価とは
(2023/4/10)

Weekly Memo:
中堅・中小企業のDXを阻む「経営者の“3つ”の本音」 リコー調査から対策を考察
中堅・中小企業のDXの進捗(しんちょく)はどうか。リコーが実施した最新の調査結果から、その現状と対策について考察する。(2023/4/3)

PR:「クオリカ」がkintoneでDXを推進する特設サイトをオープン
(2023/4/3)

「作って終わり」ではなく「ずっと続けられること」が重要:
ローコードで「自分たちに必要なものを自分たちで作る組織」へ 神戸市が“業務継続性”にこだわった理由
2023年2月9日に開催された「@IT ローコード/ノーコード開発セミナー」の基調講演で神戸市役所の小阪真吾氏が「ローコードツールを手にした神戸市が目指すものとは」と題して講演した。ローコード開発ツールの効果を最大限に発揮するための神戸市役所の取り組みについて解説する。(2023/3/28)

教師もITで働き方改革 「お知らせプリント」なくして年587時間の業務削減 クラウドで実現した小学校に話を聞いた
クラウドサービスを活用し、紙を使う業務を減らした結果、業務削減に成功した埼玉の小学校。教師の働き方改革を支えたITツールの使い方を、キーパーソンに聞いた。(2023/3/23)

DX Summit14 レポート:
日清食品グループはいかに「デジタルを武装」したか 改善点を洗い出す、現場主導の組織づくり
日清食品グループは、徹底的に改善点を洗い出してデジタル化を推進することで、年間10万時間にあたる業務工数を削減した。現場主導の組織づくりについて具体的な手法を紹介する。(2023/3/22)

Weekly Memo:
ノーコード開発ツール「kintone」ヒットの理由――サイボウズ青野社長は何を語ったか
企業がDXを進めるためのテクノロジーとして、事業部門の担当者が利用しやすいノーコード開発ツールが注目されている。中でも普及に勢いがついてきているのが、サイボウズの「kintone」だ。多くのユーザーに受け入れられる理由について、同社の青野社長は何を語ったか。(2023/2/27)

課題解決のアイデアを形にする最適解
kintoneユーザーが語り合う「DXや業務改革に困ったときの手軽なアプリ開発法」
DXを進めるには現場の課題を一つ一つデジタル技術によって解決していくことが求められる。必要なシステムを迅速に用意して、DXをスムーズに進めるにはどうすればいいのか。あるユーザーセミナーで、さまざまなヒントが紹介された。(2023/2/17)

イノベーションのレシピ:
リコーの新型複合機は「環境」を重視、「DX」で電子帳簿保存法への対応も充実
リコーは、ADFから複数の領収書などをスキャンした後、同社の「RICOH 証憑電子保存サービス」を用いることで、電子帳簿保存法の要件に沿った証憑データを専用クラウドに保存できるA3対応のフルカラー複合機を発売する。(2023/2/7)

リコー、名刺など小サイズ読み取りにも対応した高機能A3ビジネス複合機7機種を発表
リコーは、A3判出力をサポートしたカラー複合機「RICOH IM C6010」など7機種計16モデルの発表を行った。(2023/2/6)

「Cybozu Media Meetup vol.11」レポート【後編】:
“紙まみれ”“残業盛りだくさん”だった下妻市が得た「予想外の効果」 
少子高齢化が進む中、地方自治体は「職員数が減少する中で多くの課題にいかに対応するか」という難題を突き付けられている。こうした中、デジタル化によって業務効率化と住民サービス向上の両立を図る2つの自治体を紹介する。(2023/1/30)

市民開発、内製化を定着させるコツを学ぶ1日:
神戸市も実践! 「開発して終わり」ではない、ローコード/ノーコード開発
市民開発ブームも相まって、「誰でも」「簡単に」「スピーディーに」開発できるローコード/ノーコード開発が注目されている。だが、安易に飛びつくとやけどをするのはご存じの通り。ローコード/ノーコードによる市民開発とかつてのEUCの違いはどこにあるのだろうか。(2023/1/27)

「Cybozu Media Meetup vol.11」レポート【前編】:
職員高齢化に悩む旭川市が“日本一のデジタル都市”を目指す理由
少子高齢化が進む中、地方自治体は「職員数が減少する中でいかに多くの課題に対応するか」という難題を突き付けられている。こうした中、デジタル化によって業務効率化と住民サービス向上の両立を図る2つの自治体を紹介する。(2023/1/26)

サイボウズ、サーバ増強に30億円 リコーと資本提携、クラウド基盤強化
サイボウズがサーバ増強に30億円を投資する。リコーと資本提携を結び、同社を引受先とする第三者割当による自己株式の処分を実施。174万100株を処分し、資金を調達する。(2022/12/20)

PR:顧客・案件管理や書類作成を効率化 kintone構築サービス
(2022/12/13)

ガバナンスとは「縛ること」ではない:
PR:従業員1万人超え企業のローコードツール活用戦略 事業部門によるアプリ内製化を促進させる仕組みづくり
ノーコード/ローコード開発ツールの普及によってアプリ内製化に取り組む事業部門も増えてきた。ただし、これを成功させるためには従業員のアプリ開発を支援する適切なガバナンスを敷くことが重要になる。ジヤトコの事例から3つのポイントが明らかになった。(2022/12/14)

「本当に」必要なサービスをどう見極めるか:
PR:Microsoft 365と複数ツールの併用 事例から探る成功の秘訣
日常業務に必要な機能を網羅していることから、ツールは「Microsoft 365だけで十分」と考える企業は非常に多いはずだ。しかし他のツールとの併用を検討した方がいいケースもある。(2022/12/7)

効果を最大限に引き出すツール活用のコツは:
PR:kintoneで“何をどこまで”やるべきか? ヘビーユーザーが明かす「実際のところ」
ノーコード/ローコードツールとして広く普及するkintoneは、その利便性故にSaaS連携など「どこまで利用範囲を拡大すべきか」の判断が難しいという側面もある。同ツールのヘビーユーザーがkintoneの実践例を交えてうまい使い方を解説した。(2022/12/14)

サイロ化したデータを集約して適切に活用:
PR:ハイパーオートメーションに必要な「データの民主化」を実現する技術とは
RPA(Robotic Process Automation)で各部門の業務を個別に自動化した結果、データがサイロ化して部門横断的な自動化を阻害するケースがある。この解決策となるのがサイロ化したデータの集約と適切な活用だ。(2022/12/6)

PR:「福島から世界へワクワクを届けたい」 地方で働き方のリーディングカンパニーを目指す鈴弥洋行とマウスコンピューター
(2022/11/21)

内製した業務アプリはもっと便利にできる:
PR:kintoneユーザーに勧めたいプラグイン活用、1カ所の入力で全アプリに反映可能に
業務アプリを自社で内製するのは今や現実的な選択肢になった。その環境変化を生んだ理由の1つが、業務アプリ構築ツール「kintone」だ。基本機能だけでも手軽にアプリを制作できるが、さらに使いこなすためにプラグインを活用したい。(2022/11/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。