プロナビ
ニュース
» 2020年03月19日 12時28分 公開

BOXX、Ryzen Threadripperを採用したタワー型ワークステーションなど3製品を投入

トーワ電機は、米BOXX Technologies製のRyzen搭載デスクトップワークステーション計3製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 トーワ電機は3月19日、米BOXX Technologies製のRyzen搭載デスクトップワークステーション計3製品の取り扱いを発表、本日から受注を開始する。

photo
photophoto APEXX T4(上)、APEXX T3(左下)、APEXX A3(右下)

 ラインアップは、第3世代Ryzen Threadripperを搭載するデスクトップ型WS「APEXX T4」「APEXX T3」、第3世代Ryzenプロセッサの搭載に対応したデスクトップ型WS「APEXX A3」の3モデルを用意した。

 いずれもPCI Express 4.0接続をサポート、APEXX T4/T3はSLI構成も利用可能だ。搭載メモリはAPEXX T4が最大256GB、APEXX T3/A3が最大128GBとなっている。価格はAPEXX T4(24コアモデル選択時)が91万5300円から、APEXX T3(24コアモデル選択時)が64万5100円から、APEXX A3(Ryozen 5 3600X選択時)が36万5700円から(いずれも税別)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう