プロナビ
ニュース
» 2020年04月02日 15時04分 公開

パナソニック、画像解析にも対応した“Vieureka”対応カメラ「VRK-C301」

パナソニックは、高度な画像解析機能を利用可能なVieurekaプラットフォーム対応カメラ「VRK-C301」を発表した。

[ITmedia]

 パナソニックは4月2日、高度な画像解析機能を利用可能なVieurekaカメラ「VRK-C301」の提供を開始する。

photo VRK-C301

 同社が展開するVieurekaプラットフォームに対応したカメラで、高性能CPUをカメラ側に搭載することでディープラーニングなど高度な画像解析を活用したサービスを実現することが可能だ。

 汎用プログラミング言語のPythonにも対応しており、アプリケーションの開発を容易に行うことができる。またAWS(Amazon Web Services)のIoTサービス用デバイスソフトのAWS IoT Greengrass/Amazon SageMaker Neoも搭載した。

 インタフェースは有線LAN(10/100BASE-TX)およびUSB 3.0、micro SDスロットを装備、PoE動作にも対応する。本体サイズは87(幅)×87(奥行き)×35.6(高さ)mm、重量は260g。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう