ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「画像解析」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「画像解析」に関する情報が集まったページです。

AI:
橋梁と通行車両の動画をAIで解析し劣化を推定する新システムを開発
これまで、橋梁点検では、技術者が目視や打音により異状を確認していたが、技術者の技量により判断が異なることや足場設置に多額の費用がかかることが問題だった。ハードルを解消するため、NTTドコモは、京都大学と協働して、橋梁とその上を走る車両を撮影した動画から橋の劣化をAIで推定する新システムを開発した。(2020/2/10)

衛星データだけでは「見え過ぎる」:
膨大な衛星データをAIと高解像度地図データを使って解析、災害発生箇所の検出も Ridge-i
Ridge-iは、人工衛星から取得した画像データをディープラーニングによって解析する際に、日本スペースイメージングの地図データ「ダイナミックモザイク2019」を利用する。自然災害が発生した箇所の検出などを想定する。(2020/2/6)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(65):
佐賀編:ストファイ、ポケモン、タイ映画――コラボで地方創生を加速する“誇り”の国
AIロボットがアスパラを摘み、オリジナルソフトが砂場の等高線や色をプロジェクションマッピングする――佐賀は今、絶賛変化中だ。(2020/1/30)

MONOist IoT Forum 東京2019(後編):
オムロンが工場実践を通じて語る、IoTや5Gの「現実的価値」
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2019年12月12日、東京都内でセミナー「MONOist IoT Forum in 東京」を開催した。後編では、オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 企画室 IoTプロジェクト 部長の小澤克敏氏による特別講演と、日本OPC協議会 マーケティング部会 部会長の岡実氏によるランチセッション、その他のセッション内容について紹介する。(2020/1/28)

次世代のスマートビルサービス:
「目指すはアジア・中東でのシェア確立。カギは新IoTダッシュボード」、日立ビルシステムの事業展望を聞く
日立ビルシステムは、事業の柱であるビルシステム事業で、日立のIoTプラットフォーム「Lumada(ルマーダ)」をコアに据えた新規サービスの開発に力を入れている。これまで売り上げの大半を占めていたエレベーター(EV)やエスカレーター(ES)の製造販売と保守点検だけにとどまらず、ビル設備の領域でも事業を拡大させ、昇降機とビルサービスの両輪でグローバル市場でのシェア獲得をうかがう。(2020/1/24)

社内の企画書をテキスト解析し自動で整理するツール
ストックマークが提供する業務プロセス支援プラットフォーム「Asales」に、資料を参照しやすくするレコメンド機能が追加された。(2020/1/21)

スマートファクトリー:
PR:工場スマート化の現在地を知る羅針盤で、確実で安全な航海を!
IoTやAIなどデジタル技術の波によって世の中がさまざまに変化する中で、製造業も大きな変革の時を迎えている。経営と工場の全体最適を実現するスマートな次世代ファクトリーをめざす動きも本格化しているが、そこで必要なのは自社がどのような状態にあるかを知る羅針盤と、そこからステップアップするための適切なソリューションだ。(2020/1/17)

AI画像解析を用いた店頭マーケティング向けショッパー調査パッケージ
コニカミノルタマーケティングサービスとジャパン・マーケティング・エージェンシーが、AIを活用したショッパー調査パッケージを発表。(2020/1/17)

MONOist 2020年展望:
小売店舗が主導するリテールAI、業界横断の取り組みで閉塞状況の打破へ
労働力不足の影響が顕著になっている小売店舗は、IoTやAI、ロボットといったデジタル技術の活用による業務効率化が喫緊の課題だ。その中でも、カメラで撮影したデータから小売店舗内における顧客の購買行動や動線などを分析する「リテールAI」が注目を集めている。(2020/1/15)

プレミアムコンテンツ:
医療従事者と患者を支援する「人工知能」(AI)の6つの用途
医療現場で人工知能(AI)技術を活用すると、医療従事者の業務効率を改善し、患者に手厚いケアを提供できるようになる可能性がある。医用画像解析や診断支援など、AIが活躍する6つの用途を紹介する。(2020/1/10)

目指すは過去に自分が作ったファイナルファンタジーと同じような作品:
Apple Arcadeは大きなチャンス――ティム・クックCEOも期待を寄せる大作JRPG「ファンタジアン」が目指すこと
坂口博信氏が率いるミストウォーカーがApple Arcade向けに新タイトル「ファンタジアン」を開発している。坂口博信氏や同社に訪れたAppleのティム・クックCEOに話を聞いた。(2020/1/10)

特許も取得:
ヘルステックベンチャーFiNC、約50億円の第三者割当増資 「食事画像解析機能」の特許権も取得
ヘルステックベンチャーのFiNC Technologiesは新たに約50億円の資金調達を実施し、創業からの資金調達総額が150億円強に達したことを明らかにした。(2020/1/9)

医療技術ニュース:
臓器内の全細胞を調べる高速イメージングと高速解析技術を開発
理化学研究所は、透明化した臓器内の全ての細胞を解析する「全細胞解析」を実用化し、これを用いて、マウス脳を構成する約1億個の細胞を解析することに成功した。(2020/1/9)

Googleさん:
人間の医師を超えるGoogleのAIヘルスケア、その舵取りは?
Googleが元旦に、AI採用の乳がん検診ツールに関する論文を発表。ヘルスケアに本気で取り組む意気込みを見せました。医療機関向け患者データ検索ツールも開発中です。(2020/1/5)

動画の世紀:
普及する「AIカメラ」 動画はAIが見てくれる時代に
AIの進化によって、監視カメラで判断するのは人ではなくなりつつある。(2019/12/27)

ロボット開発ニュース:
警備員不足に対応、5つの機能で人々を守る自律移動型警備ロボットを開発
セントラル警備保障は、自律移動型警備ロボットを開発した。正確な自律移動性能と異常スクリーニング機能を備え、人材不足への対応と警備品質の向上に貢献する。(2019/12/26)

新規格IEEE 802.11bt:
最大90Wを供給できる高電力PoE、IoTの用途を切り開く
「IEEE 802.11bt」に対応する新しいPoE(Power over Ethernet)は、最大で90Wの電力を供給できるようになった。これによって、エッジコンピューティングを含め、IoTの用途がさらに拡大する可能性がある。(2019/12/26)

製造マネジメントニュース:
アイシン精機がAI開発拠点を新設、2020年5月に福岡市
アイシン精機は、福岡市に新しいAI開発拠点として「九州開発センター 博多ラボ」を2020年5月に新設する。自動車業界のCASE技術への対応に不可欠なAI技術の開発体制を強化する。(2019/12/25)

2019国際ロボット展:
橋梁の床面を走るドローンシステムが本格事業化、画像と打音を同時に取得
新日本非破壊検査は、2014年に開発したドローンによる近接目視・打音検査システムを2019年から本格的に事業化している。2019年12月18〜20日に、東京ビッグサイトで開催された「2019 国際ロボット展」では、新型のドローン点検システムを訴求した。(2019/12/24)

ゲームで遊びながら子どもの姿勢を改善 成長記録にもなる「しせいカメラ」先行開発品が一般発売
システムには画像解析AIを応用しています。(2019/12/12)

ゲームで遊びながら子供の姿勢を良くする「しせいカメラ」、AIベンチャーが販売
AI関連ベンチャーのAcculusがゲームを使って子供に正しい姿勢を意識させる「しせいカメラ」を開発。台数限定で販売する。(2019/12/11)

i-Construction:
パスコの最新ICT測量や請負契約の電子化など、生産性向上につながるセミナー
ヒューマンタッチ総研は、「建設業界のための、ICTを活用した生産性向上と働き方改革セミナー」を開催した。会場では、i-Constructionに対応するために必要な最新のICT測量技術をはじめ、realwearのスマートグラス、建設業でも広がりが期待される電子契約など、さまざまなソリューションの導入事例が紹介された。(2019/12/10)

PR:楽天テクノロジーコミュニティの魅力が集結 雰囲気は海外のテックイベント「Rakuten Technology Conference 2019」
楽天主催のテクノロジーイベント「Rakuten Technology Conference 2019」が開催された。楽天が注目しているテクノロジーとその活用や戦略の紹介、楽天の働き方などの魅力を発信することがカンファレンスの狙いだ。各セッションは、ほとんどが英語で行われた。その雰囲気はさながら海外のテックイベントだ。楽天の三木谷浩史社長や、CIO&CISO(Chief Information Officer & Chief Information Security Officer)で、テクノロジーディビジョンのトップである平井康文氏、楽天グループ全体のAI、データ、およびR&Dを統括する北川拓也氏などが登壇し、楽天が進める技術面での取り組みが紹介された。(2019/12/10)

「ながら運転」の罰則強化など政府も本腰:
高齢者の自動車暴走事故はなぜ起きるのか ボルボの「世界的第一人者」に聞いた
池袋の自動車暴走事故から7カ月あまり。政府も「ながら運転」の罰則を強化など自動車事故への対策に本腰を入れている状況だ。高齢者の自動車事故はなぜ起きるのだろうか。ボルボで「Mr.セーフティ」と呼ばれてきたセーフティ部門の責任者ヤン・イヴァーソン(Jan Ivarsson)氏にインタビューした。(2019/12/11)

第6回鉄道技術展2019:
時速50kmで計測車両を走らせて鉄道やトンネルの点検業務を高度化する三菱電機の「MMSD」
三菱電機は「第6回鉄道技術展2019」に出展し、三菱インフラモニタリングシステム「MMSD(Mitsubishi Mobile Monitoring System for Diagnosis)」と、MMSDを活用した鉄道無線解析ソリューション(電波見える化)に関する展示を行っていた。(2019/12/5)

スマホで60秒 AI画像解析でブランド品の真贋判定を行う月額サービス
メキキは、質屋および買い取り店向けのブランド品AI鑑定サポートサービスを開始した。商品の相場調査もあわせて行える。(2019/12/3)

情報銀行ビジネスの展開目指す、TISがレストラン推奨の実証実験
TISは、PDS(Personal Data Store)を活用したレストランに関するレコメンド高度化の実証実験を実施する。「生活者が個人情報を提供して、それに見合った利益を受けられるモデル」を評価し、情報銀行ビジネスの展開を目指す。(2019/11/25)

「専門家でなくても扱えるDLソフトウェア」:
PR:ベンダーも悩むDL導入の「時間がかかる」問題 どう解決する?
DLは企業の生産性の向上が期待できる技術だ。だが実際に使い始めると幾つもの課題に直面する。それはDLサービスを提供するベンダーも同じだという。日立製作所にこうした課題への対策について話を聞いた。(2019/11/25)

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYOレポート:
PR:現場と経営をつなぎ、製造業の顧客の課題解決へ
日立製作所のプライベートイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO」のマニュファクチャリングコーナーでは、「現場と経営をつなぐマニュファクチャリング」をテーマにさまざまな展示を行った。その中でも、ダイキン工業や住友ゴム工業、クボタなどとの協創事例が来場者の注目を集めた。(2019/11/26)

検査・維持管理:
キヤノンが本格参入するインフラ点検「AIをチューニングして多様なニーズに対応」
国交省によると、建設後50年以上経過する道路橋の割合は、2033年には約63%にまで増加すると見込まれている。その一方で、定期点検は管理者による5年に1度の点検が義務付けられているが、ある調査データでは全国の市町村における建設系技術者・作業者数は、2050年度には2010年度と比較して半分以下になると予測され、社会インフラ構造物を効率的に点検する手法は業界を挙げて解決すべき社会課題とされている。こうした社会事情を踏まえ、キヤノンはカメラメーカーとしての撮影と画像解析の技術、AIの3つから成る点検サービスで、2019年12月から市場に本格参入する。(2019/11/20)

ドローン:
ドローンを活用した橋梁点検サービス、デンソーが開始
デンソーが、同社のドローンを活用した橋梁点検サービスを開始する。現在、目視で実施している橋梁点検の一部をドローンによる撮影に替えることで、危険な作業や点検車使用による交通渋滞を減らす。さらに撮影画像の解析や調書作成まで支援する。(2019/11/14)

電子ブックレット:
「第5回国際ドローン展」総力取材レポ
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。BUILT読者会員になれば、無料でダウンロードすることができます。今回紹介するのは、ドローンの産業利用に焦点を当てた専門展「第5回国際ドローン展」の会場レポートです。(2019/11/11)

2021年までに実用化へ:
カメラ前で立ち止まらず、歩いたままで虹彩認証 NEC開発
NECは、歩行中の人物に対し、目の周辺領域を正確に推定する技術を開発。撮影後の画像処理も高速化して、利用者が歩いている間に認証を完了できるようにした。利用者はカメラの前で立ち止まらずに、虹彩による本人認証ができる。(2019/11/7)

歩きながらでも虹彩認証、空港・駅に導入へ NECが開発
NECが、歩きながら高精度に虹彩認証できるという技術を開発した。空港のセキュリティゲートや改札での活用を見込む。2021年度までの実用化を目指す。(2019/11/6)

人工知能ニュース:
月額1980円でスマホがAIカメラに、オプティムがサービスを拡充
オプティムは、AI(人工知能)画像解析技術で各業界特有の課題解決を実現するパッケージサービス「OPTiM AI Camera」の適用範囲をさらに拡大する新サービスとして「OPTiM AI Camera Lite」「OPTiM AI Camera Mobile」「OPTiM AI Creator」を発表。これらの新サービスは2019年度内をめどに提供する計画だ。(2019/10/23)

顔が見えなくても人物を追跡、AI映像解析ソリューションを販売開始 日立
日立製作所と日立産業制御ソリューションズは、防犯カメラなどの映像から全身特徴によって特定の人物を高速検索する「高速人物発見・追跡ソリューション」を販売する。後ろ姿など、顔が映っていない映像からでも全身特徴を判別する。(2019/10/7)

「顔さえ映らなければ大丈夫」が通用しない:
AI画像解析で「顔が映っていない画像」から人物特定、追跡が可能に 日立製作所
日立製作所と日立産業制御ソリューションズは、防犯カメラなどの映像から全身特徴によって特定の人物を高速検索する「高速人物発見・追跡ソリューション」を販売する。後ろ姿など、顔が映っていない映像からでも全身特徴を判別する。(2019/10/7)

医療技術ニュース:
細胞が移動する方向を予測するAIを開発、がんの予後診断に期待
慶應義塾大学は、現在の細胞の画像から、細胞がどの方向に移動するかを予測できるAIを開発した。がんの予後診断など、未来の予測が強く要求される医療分野への応用が期待される。(2019/9/27)

製造ITニュース:
業務用空調機内部の汚れを自動検知する、ドレンパン遠隔点検サービス
ダイキン工業は、業務用空調機の室内ユニット内にあるドレンパンの汚れ度合いを定点カメラの画像から自動解析し、パソコンやタブレット端末で清掃の推奨時期を通知するサービス「Kireiウォッチ」を発売する。(2019/9/26)

医療機器ニュース:
病棟におけるAIを用いた手指衛生モニタリング手法の評価研究を開始
オプティムと聖路加国際大学は、同病院を研究の場として、「OPTiM AI Camera」を用いた手指衛生モニタリング手法の評価研究を開始した。(2019/9/25)

巨大化ポケモンを写真に合成! Webコンテンツ「Pokemon ダイマックスカメラ」ゲームに先駆けて提供
スマホのブラウザで楽しめるコンテンツです。(2019/9/20)

製造業がサービス業となる日:
大手機械要素部品メーカーがなぜデジタル変革に挑むのか、THKの挑戦
THKは2019年9月10日、日本システムウエア、日本マイクロソフトとコミュニケーションプラットフォーム「Omni THK」の実現と機能進化に向けて提携すると発表した。(2019/9/18)

医療機器ニュース:
手術室内外の映像をリアルタイムに一元化して活用できるプラットフォーム
ソニーは、メディカルイメージングプラットフォーム「NUCLeUS」の提供を開始した。病院内の多様な機器の映像をIPネットワーク経由でリアルタイムに一元化し、多用途に記録編集、管理、活用ができる。(2019/9/17)

人工知能ニュース:
防虫管理は守りから攻めへ、「世界初」のAIを採用した捕虫器が誕生
アース環境サービスとLuci、ゴウハウスの3社は2019年9月12日、昆虫の混入事故を防止するAI(人工知能)捕虫器「RIG1.0」を共同開発したと発表した。昆虫を誘引する光源としてLEDを採用したことや、捕獲昆虫の判定やカウントで「おそらく世界初のAIシステムを構築した」(ゴウハウス CEOの佐藤哲也氏)ことが特徴だ。(2019/9/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
基本の「iPhone 11」か、冒険の「11 Pro」か 現地取材で分かった違い
米Appleのスペシャルイベントで発表された「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」シリーズ。基調講演から感じ取れたメッセージと、実機に触れたインプレッションを現地からお届けする。(2019/9/12)

AIチップの研究開発拠点を設立:
産総研と東大、AI機能付きDASチップの開発加速
産業技術総合研究所(産総研)エレクトロニクス・製造領域は、東京大学浅野キャンパス内に、「産総研・東大AI(人工知能)チップデザインオープンイノベーションラボラトリ」(AIDL)を、東京大学大規模集積システム設計教育研究センター(VDEC)と共同で設立した。(2019/9/9)

2020年4月に提供開始:
応用地質がレーダー探査した「地下埋設物」を日立のAIで判定、占用者や施工者にクラウドから提供
日立は2025年度までに、社会インフラ保守関係事業で1000億円の売上目標を掲げており、その一環として、同社のAIと応用地質の地中探査技術を融合させて、「地下埋設物」を3Dマップ化し、クラウドを介して第三者に提供する新規事業を2020年から開始する。(2019/9/6)

会員登録数2800万人超:
LINE Ads Platform、「LINEショッピング」上での広告配信を開始
広告主は20〜30代女性ユーザーへのアプローチを強化することが可能になる。(2019/9/5)

AI:
ニチレキら3社、AI画像解析による「局部損傷」診断技術を共同開発
ニチレキ、東日本電信電話、NTTコムウェアは、舗装道路の路面点検/診断/措置の一貫ソリューションに向けて、AIによる「局部損傷」診断技術を共同で開発。2019年度中の実用化を目指す。(2019/9/3)

KDDI、法人向け5Gソリューションを2020年3月から提供 AIや映像を活用
KDDIは、2020年3月に5Gと高精細動画像、AIを組み合わせた法人向け5G対応ソリューションを順次提供開始。2019年11月にはビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」を通じた5Gトライアル環境も提供する。(2019/9/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。