ニュース
» 2020年05月19日 06時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:アキバにWebカメラがじわじわ復活 (2/4)

[古田雄介,ITmedia]

1万1000円で買える6コアのRyzen 5 1600AFがデビュー!

 先週お伝えしたIntel Z490チップセット搭載マザーボードに引き続き、第10世代Core iシリーズの販売予約も一部ショップで始まっている。販売のタイミングは5月20日22時以降とみられる。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の場合、最上位の「Core i9-10900K」(10コア20スレッド、TDP125W)は7万2000円、「Core i7-10700K」(8コア16スレッド、TDP125W)は5万5999円、「Core i5-10400」(6コア12スレッド、TDP65W)は2万5999円(税込み、以下同)となる。

 ラインアップや価格は明らかになったものの、入荷数は少なめとの予想が覆っていない。同店は「まだ入荷数は分かりませんし、予約していただいても当日お渡しできるか分からない状況です」という。

 一方、AMDからは6コア12スレッドのCPU「Ryzen 5 1600AF」が売り出されている。第1世代(Zenコア)Ryzenに属する「Ryzen 5 1600」を第2世代コア(Zen+コア)にバージョンアップしたモデルで、コア数やクロック数などは2017年4月登場の旧モデルと変わらない。ただし、世代更新により製造プロセスが14nmから12nmになり、CPUクーラーが新調された。価格も3万円弱から1万1000円前後に大きく下がっているのも特徴だ。

 TSUKUMO eX.は「エントリーCPUの価格で、6コアが手に入るのはなかなかのインパクトだと思います。PCIe 3.0までの対応など、旧世代ベースならではのネックはありますが、それを考えても非常にお得。これは売れるでしょう」とヒットに自信を持っている様子だった。

TSUKUMO eX. TSUKUMO eX.の価格表
Ryzen 5 1600AF AMDの新CPU「Ryzen 5 1600AF」
Ryzen 5 1600 2017年11月に登場した「Ryzen 5 1600」などの価格表。同店で撮影

 PCケースの新モデルも注目を集めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう