連載
» 2020年06月22日 16時30分 公開

本田雅一のクロスオーバーデジタル:Appleが“史上最速“と語る「16インチMacBook Pro+Radeon Pro 5600M」は買い? 新旧比較テストで分かった性能差 (1/4)

画面サイズを大型化しつつ、プロ向けに再構築された「16インチMacBook Pro」の登場から半年が過ぎ、より高速な内蔵GPUを選べるようになった。Appleが「史上最高性能のMacBook Pro」と語るその実力を従来モデルと比較しながら明らかにしていく。

[本田雅一,ITmedia]

 15インチモデルを大幅にアップデートした「16インチMacBook Pro」の登場は、2019年11月のことだった。

 拡大したRetinaディスプレイ、低音までしっかり再生できる高音質な内蔵スピーカー、米連邦航空局が航空機への持ち込みを認める最大容量100Whギリギリ(99.8Wh)の搭載バッテリー、それにモバイル機向けで初の「Magic Keyboard」を投入。搭載するプロセッサこそIntelの第9世代Coreを前モデルから引き継いでいたが、製品の体験レベルは大きく進歩していた。

 「将来に向けて、より大きな消費電力のプロセッサを搭載する余力」を持たせるため、熱設計をやり直したことも大きなポイントだ。マルチコア化が進むCPUの発熱に対応し、フルスピードで動作できる範囲を広げ、さらには50W TGPのGPUを搭載可能にすることで、薄く可搬性が高い上、大容量のバッテリーも内蔵するモバイル志向のクリエイター向けモバイルコンピュータに再構築された。

 そして2020年6月15日、その新しい筐体にAMDが新開発したより高性能なGPUが搭載可能となった。

MacBook Pro 16 より高速なGPUを搭載できるようになった「16インチMacBook Pro」

注目は「投資に見合う選択肢なのか?」ということ

 新たに用意されたGPUのオプションは、AMDの「Radeon Pro 5600M(8GB HBM2メモリ)」だ。Appleによれば、CPUが8コアのモデルに標準で採用している「Radeon Pro 5500M(4GB GDDR6メモリ)」に比べ、GPU処理能力が最大75%向上しているという。

 Radeon Pro 5500Mと名称は似ているが、同じ50W TGP枠でも仕様は大きく異なる。演算ユニットは5500Mの24に対して5600Mでは40、これに伴いストリームプロセッサは1536から2560に増えている。メモリ帯域も394GB/秒と2倍以上だ。一方で最大クロック周波数は5500Mの1300MHzに対して5600Mでは1035MHzに抑えられている。

 最大クロック周波数は抑えられているものの、処理内容次第では演算器の数が大きくパフォーマンスの向上に寄与するに違いない。また同じTGP枠とはいえ、「薄型の16インチMacBook Proに搭載された状態で、どこまで能力を発揮できるのか?」という視点もある。

 Appleの主張通りにパフォーマンスが向上するのであれば、GPUを多用するアプリを使うユーザーにとって魅力的なオプションといえるが、問題なのはそのための追加コストだ。

 ローエンドモデルに採用されている「Radeon Pro 5300M(4GB GDDR6メモリ)」を5500M(4GB GDDR6メモリ)に変更するとプラス1万円、さらに5500MのGDDR6メモリを8GBに増やすと価格はプラス1万円になり、そこから5600M(8GB HBM2メモリ)へと増強する価格はプラス6万円が必要だ。

 Radeon Pro 5600Mよりも高性能なミドルクラスのデスクトップゲーミングPC向けグラフィックスカードを購入しても、お釣りが1万円以上戻ってくるだけの予算が必要になる。

 それならば、MacBook Proの内蔵GPUは5500Mを選んでおき、eGPUのベアボーンキット(Thunderbolt 3接続の外付けGPUボックス)を接続することでGPU能力を強化した方が、費用対効果が高いという見方もできる。トータル8万円ほどを支出すれば、高性能なデスクトップ向けGPU「Radeon RX 5700 XT」を搭載するeGPUを組み立てることが可能だからだ。

 今回はeGPUとの組み合わせまでの評価は行えていないが、Radeon Pro 5600M(8GB HBM2メモリ)と5500M(4GB GDDR6メモリ)を搭載した2台の16インチMacBook Pro(差額は7万円)が用意できたので、実アプリケーションのパフォーマンスを中心に、新オプションの効果について検証してみた。

  • 今回テストした16インチMacBook Proの仕様
    • Radeon Pro 5600M(8GB HBM2)搭載モデル:2.4GHz Core i9、32GBメモリ、2TB SSD
    • Radeon Pro 5500M(4GB GDDR6)搭載モデル:2.4GHz Core i9、16GBメモリ、1TB SSD
MacBook Pro 16 Radeon Pro 5600M(8GB HBM2メモリ)と5500M(4GB GDDR6メモリ)を搭載した2台の16インチMacBook Proで性能比較してみた
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう