連載
» 2020年06月22日 16時30分 公開

本田雅一のクロスオーバーデジタル:Appleが“史上最速“と語る「16インチMacBook Pro+Radeon Pro 5600M」は買い? 新旧比較テストで分かった性能差 (4/4)

[本田雅一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

多くの場合は5500M搭載機がベストバイだが用途によって使い分けたい

 AppleはRadeon Pro 5600Mのオプションについて「史上最高性能のMacBook Pro」という言い方をしている。今回の高性能オプション追加は、搭載プロセッサでいうとCore i5とCore i9の関係に近い。つまり、5600Mの性能が高いことは明らかだが、費用対効果という面では5500Mの方が優れている。

 特に動画関係の作業を行うのであれば、ローエンドモデルが採用するRadeon Pro 5300Mを5500Mにアップグレードする価値は大いにある。しかし、さらに6万〜7万円を追加して5600Mを選ぶのであれば、Premiere Proぐらいのパフォーマンスゲインが欲しいところだろう。

 「少しでも高いパフォーマンスが欲しい」「あと少しでも高速になれば仕事の効率が高まる」など、少しでも多くのパフォーマンスを渇望する使い方をしているならば、ユーザー自身がそのことを把握しており、5600Mと5500Mのどちらを選択すればいいか判断できるはずだ。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう