レビュー
» 2020年06月25日 12時00分 公開

2画面ZenBook Duoは「真に使えるPC」になったのか? (1/4)

2画面を利用できるノートPC「ZenBook Duo UX481FL」が登場した。以前の2画面モデルよりもスペックを落として、求めやすい価格になったのがポイントだ。複数のディスプレイを使えるメリットは大きいが、実際に使えるPCになっているのかを検証した。

[マルオマサト,ITmedia]

 ASUS JAPANから発売された「ZenBook Duo UX481FL」は、14型の画面に加えて、キーボード手前にも12.61型の画面を搭載した2画面ノートPCだ。

 2画面ノートPCというと、同社が2019年に発売した「ZenBook Pro Duo UX581GV」が記憶に新しいが、同製品が2画面という要素以外にも豪華な仕様であったため、50万円前後と非常に高価な製品でもあった。しかしこのZenBook Duo UX481FLは、画面サイズを一回り小さくするとともに、一般レベルでは十分に高性能といえる装備を維持しつつ、より多くの人が購入できる価格帯へと落とし込んでいる。

 新モデルでは、基本スペックの異なる21万9800円(UX481FL-HJ122T)と18万2800円(UX481FL-HJ118T、いずれも税込み)の上下2モデルで展開するが、今回は上位モデルベースを評価機として入手できたので、使い勝手や性能を見ていこう。

ZenBook Duo UX481FL ASUS JAPANの新しい2画面ノートPC「ZenBook Duo UX481FL」。充実のスペックを備える上位モデルでも21万9800円と従来のイメージからはグッとリーズナブルになった

重厚な高級感漂うコンパクトボディー

 ZenBookのトレードマークであるスピン加工を天板部分に施したボディーは、「セレスティアルブルー(Celestial Blue)」と呼ばれる深みのあるメタリックの青緑のカラーも印象的で、とても高級感がある。

 画面外側の枠が狭いスリムベゼルデザインのため、14型の画面を搭載しながらも横幅は約323mmとかなりコンパクトだが、やはりもう一画面余分に搭載していることから、厚さは約20.4mm、重量は約1.66kgとそれなりにあり、手にとってみるとズシッとした重厚感がある。

 ボディーの剛性感も非常に高く、全体に身の詰まった石のようにも感じられる。頑丈さの裏付けとして、アメリカ国防総省が米軍の備品調達のために制定した「MIL-STD 810G」に含まれる落下、耐震、高温、低音、高度のテストをクリアしているという。

 具体的なサイズは約323(幅)×223(奥行き)×20.4(高さ)mmで、重量は約1.66kgだ(いずれも公称値)。実測では1648gと公称値より少し軽かった。バッテリー容量は70Wh、バッテリー駆動時間は約13.9時間(JEITAバッテリ動作時間測定法 Ver.2.0、いずれも公称値)だ。

ZenBook Duo UX481FL 重量の公称値は約1.66kgだが、実測では1648gと少し軽かった
ZenBook Duo UX481FL ACアダプターは65W仕様だ。実測のサイズは約65(幅)×65(奥行き)×29(厚さ)mmとコンパクトで、実測重量は287gだった。端子は独自仕様で、USB Power Deliveryには対応していない
ZenBook Duo UX481FL 天板はASUSロゴを中心としたスピン加工を施されている。「セレスティアルブルー」と呼ばれる深みのあるメタリックの青緑のカラーも美しく、高級感がある
ZenBook Duo UX481FL 非常にシンプルなデザインの底面。前面と背面はかなり斜めにカットされている。

幅広い用途に対応できる基本スペック

 基本システムには、第10世代Coreプロセッサ(開発コード名:Comet Lake)を採用している。

 上位モデルの評価機は、CPUが4コア8スレッドのCore i7-10510U、メモリが16GB、ストレージが1TB SSD(PCIe 3.0×2/NVMe)、グラフィックス機能にはNVIDIAのGeForce MX250(グラフィックスメモリ2GB)という内容だ。

 初代の2画面ノートPC(ZenBook Pro Duo UX581GV)よりもグレードダウンして低コスト化を図っているとはいえ、それでもかなりのハイスペック仕様で、ビジネスシーンはもちろん、エンターテイメント、クリエイティブまで、幅広い用途に使える。

ZenBook Duo UX481FL CPUはCore i7-10510Uを搭載している。4コア8スレッドで動作周波数は1.8GHz〜4.9GHzだ
ZenBook Duo UX481FL HWiNFOのシステムサマリー表示
ZenBook Duo UX481FL HWiNFOの詳細表示。PL1は45W、PL2が51Wとかなり高く設定されているため、高いパフォーマンスが期待できる
ZenBook Duo UX481FL GPUにはNVIDIAのGeForce MX250を搭載する。NVIDIAのGPUとしてはエントリーモデルだが、IntelのCPU内蔵GPUの3〜4倍くらいの描画性能を持つ
ZenBook Duo UX481FL 評価機のSSDは「Intel 660p」が搭載されていた。QLC NANDフラッシュメモリを搭載したSSDで、NVMe SSDとしては廉価版にあたる
ZenBook Duo UX481FL 「CrystalDiskMark 7.0.0」のスコア。PCIe 3.0×2/NVMe対応SSDのため、最新のPCIe 3.0×4/NVMe対応SSDと比べると速くはないが、SATA SSDの最速と比べると2.5倍以上のシーケンシャル性能がある

 続いて、本製品ならではの特徴を見ていこう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう