ニュース
» 2020年06月25日 15時10分 公開

キオクシア、リード最大3400MB/sのM.2 NVMe SSDなど個人向けSSD計3シリーズを投入

キオクシアは、高速転送対応のM.2 NVMe SSD「EXCERIA PLUS SSD」など計3シリーズの発表を行った。

[ITmedia]

 キオクシアは6月25日、高速転送対応のM.2 NVMe SSD「EXCERIA PLUS SSD」、メインストリーム向けM.2 NVMe SSD「EXCERIA SSD」、エントリー向け2.5インチSSD「EXCERIA SATA SSD」の3シリーズを発表、6月30日に販売を開始する。価格はオープン。

photo EXCERIA PLUS SSD/EXCERIA SSD/EXCERIA SATA SSDシリーズ

 EXCERIA PLUS SSDシリーズは、PCIe Gen3 x4接続に対応した内蔵型M.2 SSDで、500GB/1TB/2TBの3タイプを用意。転送速度はリード最大3400MB/s(全モデル)、ライト最大3200MB/s(1TB/2TBモデル)を実現したモデルだ。

 XCERIA SSDシリーズも同様にPCIe Gen3 x4対応の内蔵型M.2 SSDで、容量ラインアップは250GB/500GB/1TBを用意。転送速度はリード最大1700MB/s(全モデル)、ライト最大1600MB/s(500GB/1TBモデル)となっている。

 EXCERIA SATA SSDシリーズはSATA接続に対応したエントリークラスの2.5インチSSDで、転送速度はリード555MB/s、ライト540MB/s。容量ラインアップは240GB、480GB、960GBの3タイプを取りそろえている。

関連キーワード

SSD | NVMe | Serial ATA | 転送速度


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう