ニュース
» 2020年07月13日 10時30分 公開

18TBと過去最大容量を塗り替えるHDDが7.6万円で登場!古田雄介のアキバPick UP!(2/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]

3900 XTを乗せる人が多いかも――「B550 Taichi」デビュー

 先週は第3世代Ryzenの追加モデル「3000XT」シリーズの詳細が明らかにされたが、PCパーツショップでの反響はまだあまり表に出ていない様子だ。パソコンSHOPアークは「まあ、マイナーバージョンアップですしね。今はRyzen 3 3300X以外は、上も下も潤沢に在庫がありますし、発売後にカンフル剤となってくれたらいいなと思います」という。

パソコンSHOPアークのRyzen価格表

 そんなRyzen関連では、週末に登場したASRockのB550マザー「B550 Taichi」が注目を集めていた。Intelチップによる2.5GbEの有線LANやWi-Fi 6環境を備え、PCIe x4 Gen4接続のM.2 SSDスロット(2基中1基)を搭載するなど多機能な仕様となる。価格は4万円弱だ。

 入荷したTSUKUMO eX.は「人気のTaichiシリーズがようやく登場しましたね。B550ながらハイスペックな仕様ですし、今度出る3900XTあたりと組み合わせる人も多いかもしれません。期待したいですね」と話していた。

B550 Taichi ASRock「B550 Taichi」

 また、同チップセットを搭載するMini-ITXモデルも複数登場している。ASRockからは「B550M-ITX/ac」、ASUSTeKからは「ROG STRIX B550-I GAMING」、MSIからは「MPG B550I GAMING EDGE WIFI」が店頭に並んだ。価格は順に1万8000円強と2万6000円前後、2万4000円前後だ。

 ドスパラ秋葉原本店は「多機能な選択肢がいい感じに広がりましたね。TDP 65WクラスのCPUを乗せたりして、いろいろなコンセプトのマシンが作れそうです」と新顔のマザーボードを歓迎していた。

B550M-ITX/ac ASRock「B550M-ITX/ac」
MPG B550I GAMING EDGE WIFI MSI「MPG B550I GAMING EDGE WIFI」

 続いて、Intel CPU向けのマザーボード動向も見ていこう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.