ニュース
» 2020年09月25日 08時55分 公開

年内には新UIも提供予定:新型「Amazon Fire TV Stick」が登場 パフォーマンス最大1.5倍でHDRとDolby Atmosに対応 9月30日に税込み4980円で発売

Amazonの映像デバイスのエントリーモデルが、第3世代に移行する。パフォーマンスを最大1.5倍に向上させつつも、消費電力は最大50%削減。HDRとDolby Atmosにも対応した。

[井上翔,ITmedia]

 Amazon(アマゾンジャパン)は9月30日、映像デバイス「Amazon Fire TV Stick」の新型(第3世代)を発売する。同社の「Amazon.co.jp」における税込み販売価格は4980円で、一部の量販店でも同日以降に販売を開始する。発売に先駆けて、Amazon.co.jpでは9月25日から販売予約を受け付けている。

新しい「Fire TV Stick」 新しい「Amazon Fire TV Stick」

 新モデルは内部のハードウェアを刷新し、前世代(第2世代比)で最大50%のパフォーマンス向上と最大50%の消費電力削減を実現。HDR(ハイダイナミックレンジ)映像の出力や音響技術「Dolby Atmos」にも対応した。

 HDRの対応規格は「HDR10」「HDR10+」「HLG」で、映像の最大出力解像度は1080p(フルHD、1920×1080ピクセル)となる。

外観は大きく変わらない 従来モデルから大きく外観は変わっていない

 無線通信はIEEE 802.11ac/a/b/g/nとBluetooth 5.0に対応し、Bluetoothオーディオデバイス(別売)への音声伝送も可能だ。別売の「イーサネットアダプタ」を使えば、有線LAN接続にも対応できる。

 Amazonのクラウド音声認識システム「Alexa(アレクサ)」にも対応し、付属のリモコンを使って本体はもちろん、Alexa対応のスマートホームデバイスを音声で操作できる。

リモコン 付属のリモコンを使えばAlexaを使った音声操作も可能(ネット接続が必要)

 本体サイズは約86(長さ)×30(幅)×13(厚さ)mmで、重量は約32gだ。電源は付属のMicro USBケーブルで取るため、別途USB電源が必要となる。

接続 TVのHDMI入力端子に直接接続した場合のイメージ。別途、動作に必要なUSB電源を用意する必要がある

2020年内には新UIを提供予定

 日本を含む一部の国や地域では、2020年内をめどにFire TVシリーズのユーザーインタフェース(UI)が刷新される予定となっている。

 新しいUIは、直感性やシンプルさを向上し、メインメニューにユーザーごとに最適なコンテンツなどを表示できるようになるという。

 また、ユーザープロフィール機能が追加され、最大6人分の視聴管理やウォッチリストを保管できるようになる。プロフィールの切り替えは画面上の他、Alexaの音声認識でも行える(事前の登録が必要)。

新UI 2020年内をめどに刷新される新UI。日本を含む一部の国や地域で適用される
新UI 新UIでは、ユーザープロフィール機能が追加される

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう