ニュース
» 2020年11月16日 14時45分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:額面通りの毎秒7000MBをたたき出す「WD_BLACK SN850」が話題に (3/4)

[古田雄介,ITmedia]

合計180TBまで動作確認済みの「裸族のスカイタワー」が店頭に

 ストレージ関連では、3.5インチSATA HDDを10台内蔵できるHDDケース「裸族のスカイタワー 10Bay USB3.2 Gen2 IS」がセンチュリーから登場している。価格は6万円弱だ。

 2012年10月登場の「裸族のスカイタワー 10Bay」、ベイごとの電源オフが可能になった2014年6月登場の「裸族のスカイタワー 10Bay IS」に続く製品で、本モデルよりUSB 3.2(Gen2)対応になったのが最大の特徴だ。複数のストレージをまとめるJBODやRAID機能は搭載しない。現行の最大容量である18TB HDDで動作を確認しており、合計180TBでも動作したという。

/pcuser/articles/1210/01/news049_2.html センチュリー「裸族のスカイタワー 10Bay USB3.2 Gen2 IS」のパッケージ

 入荷したTSUKUMO eX.は「動画をとことん撮りためるタイプの方には便利な製品ですね。USB 3.2対応になったことで、大容量でも効率的に転送できるようになりました。価格と大きさもあり、ニッチなところで存在感を出してくれたらと思っています」と話していた。

 なお、同店では旧作の裸族のスカイタワー 10Bay ISが3万3550円の放出特価で売られていた。

裸族のスカイタワー 放出特価の「裸族のスカイタワー 10Bay IS」

 最後に、大型タッチパッドを備えたキーボードの新モデルを見ていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう