ニュース
» 2020年11月28日 06時00分 公開

古田雄介の週末アキバ速報:Radeon RX 6000シリーズの独自設計モデルに期待が高まるアキバ (1/2)

登場してから枯渇が続くRadeon RX 6000シリーズだが、オリジナルデザインのモデルや上位GPUの発売情報が具体化し、そちらが注目を集めていく流れになってきている。

[古田雄介,ITmedia]

 11月20日に売り出された「Radeon RX 6800 XT」と「Radeon RX 6800」搭載グラフィックスカードは、入荷数が需要に追いつかず、発売前から枯渇状態が予想されていた。実際、一週間経っても再入荷はほとんどみられない。27日夕方時点で、RX 6800カードの在庫がごく少数確認できた程度だ。

Radeon RX 6800 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店に並ぶRX 6800カードの値札
Radeon RX 6800 TSUKUMO eX.のRadeon上位モデルの棚。RX 6000シリーズは完売となっていた

RX 6800/6800XTのオリジナルモデルは12月2日に一斉発売か

 今後の供給状況について、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「初回に出回ったリファレンスデザインのカードはもう入ってこないみたいですね。次からは各社がオリジナルデザインのモデルに切り替えてきます。ただ、そちらも潤沢とはとても言えない感じらしいです」と話していた。

 この切り替えタイミングに、複数のショップが12月2日を挙げる。某ショップは「そこで各社で一斉に登場するらしいですが、間に合えばという条件付きです。おそらく遅れて登場するメーカーも複数出てくるでしょう。いずれにしろ、リファレンスの初回入荷分より少なくなりそうです。確実に取り合いが起きるでしょうね」という。

 さらに、その後には最上位の「Radeon RX 6900 XT」搭載カードの登場も控えているが、やはりごく少数の供給となりそうだ。パソコンSHOPアークは「(RX 6900 XTカードの登場が)今年ラストの大物になるのかなと思いますね。密な状況を可能な限り回避できるようにしっかり準備しなくては」とコメント。大物パーツの反響に関して例年とは異なる配慮も加わり、普段よりも負担が大きい様子が見て取れた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう