ニュース
» 2020年12月02日 11時04分 公開

エプソンダイレクト、Core i9の搭載にも対応したスリムPC「Endeavor MR4900」

エプソンダイレクトは、スリムタワー筐体を採用した高性能デスクトップPC「Endeavor MR4900」を発表した。

[ITmedia]

 エプソンダイレクトは12月2日、スリムタワー筐体を採用した高性能デスクトップPC「Endeavor MR4900」を発表、本日から受注を開始する。Core i3搭載時の基本構成価格は9万円(税別、以下同様)。

photo Endeavor MR4900

 幅約98mmのスリム筐体を採用するデスクトップPC「MR4800E」の後継製品で、CPUとして第10世代CoreプロセッサのCore i3-10100〜同 i9-10900Kの搭載に対応。グラフィックスカードとしてGeForce GT 1030/GTX 1650、Quadro P620/P1000を装着できる。メモリは最大で128GBまで、ストレージは最大4基までの装着が可能だ。


 またEndeavor MR4900をベースとしたクリエイター向け構成モデルの「Endeavor MR4900 CAD設計Select」「Endeavor MR4900 RAW現像・レタッチSelect」も用意される。

 CADソフト/フォトレタッチソフトの動作確認済みをうたったモデルで、それぞれグラフィックスカードとしてQuadro P620/GeForce GTX 1650を標準搭載した。

 基本構成価格はEndeavor MR4900 CAD設計Selectが16万4600円、Endeavor MR4900 RAW現像・レタッチSelectが17万8600円だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう