ニュース
» 2020年08月25日 13時10分 公開

エプソン、Core i9/Quadroの搭載にも対応したビジネス向けミニタワーPC

エプソンダイレクトは、第10世代Coreプロセッサの搭載に対応したビジネス向けミニタワーPC「Endeavor MR8300」を発表した。

[ITmedia]

 エプソンダイレクトは8月25日、第10世代Coreプロセッサの搭載に対応したビジネス向けミニタワーPC「Endeavor MR8300」を発表、本日受注を開始した。価格は9万7000円から(税別)。

photo Endeavor MR8300

 ミニタワー型筐体を採用するビジネス向けデスクトップPCで、第10世代CoreプロセッサのCore i3-10100〜同 i9-10900Kまでの搭載に対応。グラフィックスカードはGeForce RTX 2080 Ti/Quadro RTX 4000までの装着が可能だ。

 メモリは4GB〜128GB、ストレージは500GB〜8GB HDD(または256GB〜2TB SSD)を内蔵(光学ドライブも選択可能)。また前モデル同様、本体前面からHDDの交換ができるフロントアクセスも選択できる。

photo オプションのフロントアクセス選択構成時のイメージ

 OSは標準でWindows 10 Home 64bitを搭載。また本製品と同構成でOSをWindows 10 IoT Enterprise LTSCとしたモデルも別途用意される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.