プロナビ
ニュース
» 2021年01月12日 20時00分 公開

CES 2021:Intelが第11世代CoreとEvoプラットフォームのvPro対応を発表――次世代CPU「Alder Lake」の実働デモも

Intelは1月11日(現地時間)、第11世代CoreおよびIntel EVOプラットフォームのvPro対応を正式に発表した。また、次世代CPU「Alder Lake」(開発コード名)の実働デモも行った。

[ITmedia]

 1月11日(現地時間)、IntelはCES 2021においてオンラインの発表会を行った。第11世代のCore H35シリーズを始め、Pentium SilverやCeleron Nシリーズのプロセッサ発表に加え、第11世代CoreおよびEvo PlatformのvPro対応版を正式にリリースした。

 さらに次世代プロセッサとなる「Alder Lake」のデスクトップ向けとなる「Alder Lake」の動作デモも実施した。

10nmの製造プロセス初となる第11世代Core vProプラットフォーム
パートナー各社から対応PCがリリースされる予定だ

 企業向けの管理機能や、セキュリティ機能といったビジネスシーンで役立つ機能をサポートしたIntelのvProプラットフォームだが、第10世代のIce Lake(開発コード名)では提供が見送られていた。最新の第11世代Coreでも2020年9月のリリース当初はなかったが、今回正式に投入された他、Intel EvoプラットフォームにもvPro版が加わった。

Intel EvoプラットフォームにもvPro版が加わった

次世代CPU「Alder Lake」のデモも行われる

 2021年第1四半期(1〜3月)に発表が予定されている第11世代Core S(開発コード名:Rocket Lake-S)に関しては、AI関連の新機能追加などが明らかにされたのみにとどまった。

Rocket Lake-S 開発コード名:Rocket Lake-Sは2021年第1四半期にリリースされる見込みだ
Rocket Lake-S Core i9/i7/i5が用意される

 一方で、同社が計画している次世代プロセッサ「Alder Lake」(開発コード名)の実動デモがお披露目された。Alder Lakeは高い性能と低消費電力を両立しており、2021年後半のリリースが予定されている。

 同社 上級副社長 兼 クライアントコンピューティング事業本部 事業本部長 グレゴリー・ブライアント氏によれば、Windowsが動作する程度までは到達しているという。

Alder Lake-S Alder Lakeの概要
Alder Lake-S Alder Lakeのデモを行うIntel上級副社長 兼 クライアントコンピューティング事業本部 事業本部長 グレゴリー・ブライアント氏
Xeon SP 量産出荷を開始している第3世代Xeon Scalable Processors(Ice Lake世代)。正式な発表は今後数カ月のうちに行われる見込みだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう