プロナビ
ニュース
» 2021年01月20日 14時57分 公開

バッファロー、Windows Server IoT 2019 for Storage搭載法人向けNASに2ベイモデルを追加

バッファローは、Windows Server IoT 2019 for Storageを搭載した法人向けの2ベイNAS「WS5220DNS9」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 バッファローは1月20日、Windows Server IoT 2019 for Storageを搭載した法人向けの2ベイNAS「WS5220DNS9」シリーズを発表、2月中旬に出荷を開始する。価格は2TBモデルが18万3000円、4TBモデルが19万5000円、8TBモデルが23万円だ(いずれも税別)。

photophoto WS5220DNS9

 OSとしてWindows Server IoT 2019 for Storage Standardを導入した法人向けNASで、サーバへのクライアントアクセスライセンス(CAL)不要で利用が可能だ。

 高耐久仕様のNAS専用HDDを搭載している特徴(「WD RED(CMR)」「Seagate IronWolf」「東芝 MNシリーズ」のいずれかを採用)。有線LANポートはギガビット対応×2に加え、10GbE対応ポート×1を装備している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう