ニュース
» 2021年02月04日 12時38分 公開

敷地内の“離れ家”にも利用できる「離れ家モード」を初搭載した11ac無線LAN中継器

エレコムは、業界初をうたう「離れ家モード」を搭載した11ac接続対応の無線LAN中継器「WTC-C1167GC」シリーズを発売する。

[ITmedia]

 エレコムは2月4日、業界初をうたう「離れ家モード」を搭載した11ac接続対応の無線LAN中継器「WTC-C1167GC」シリーズを発表、2月上旬に発売する。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2タイプを用意、価格はともに税込み5478円だ。

photo WTC-C1167GCシリーズ

 IEEE 802.11ac接続に対応した無線LAN中継器で、5GHz時最大867Mbps、2.4GHz時最大300Mbpsの接続を実現。独自の機能として、屋外利用が認められた電波帯域のみで動作する「離れ家モード」を搭載しており、電波法に違反することなく離れ家などへの設置を行うことができる。

photo 離れ家モードの利用イメージ

 ギガビット対応有線LANポートも搭載しており、無線LANコンバーターとしての利用も可能だ。本体サイズは約62(幅)×43(奥行き)×91(高さ)mm、重量は約125g。

関連キーワード

無線LAN | エレコム | IEEE802.11ac


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう