ニュース
» 2021年05月11日 20時00分 公開

NVIDIAがモバイル向け「GeForce RTX 3050 Laptopファミリー」を発表 搭載ノートPCは2021年夏に登場

NVIDIAが、ゲーミングやクリエイション用途のメインストリームノートPC向けGPUを発表した。GeForce GTX 1650シリーズの事実上の後継だが、上位モデルと同様にリアルタイムレイトレーシングやDLSS(AIベースの超解像技術)を利用できることが特徴だ。

[井上翔,ITmedia]

 NVIDIAは5月11日(米国太平洋夏時間)、モバイル向け新型GPU「GeForce RTX 3050 Laptop」「GeForce RTX 3050 Ti Laptop」を発表した。両GPUを搭載するノートPCは、2021年夏から順次市場に投入される予定だ。

RTX モバイル向けにGeForce RTX 3050/3050 Tiが登場

GeForce RTX 3050/3050 Ti Laptopの概要

 GeForce RTX 3050/3050 Ti Laptop(以下「Laptop」を省略)は、メインストリーム(普及帯)ノートPCに搭載されることを想定した新型GPUで、事実上のモバイル向けGeForce GTX 1650シリーズの後継となる。先行製品と同様にGPUコアはAmpereアーキテクチャで、リアルタイムレイトレーシング(RT)処理や、機械学習ベースのAIを使った超解像技術「DLSS」も利用できる。

 ゲーミング性能では「フルHD(1920×1080ピクセル)で毎秒60フレームの描画」をターゲットとしており、NVIDIAがRTX 3050 Tiを使って行ったテストでは、主要なゲームにおいてDLSSをオンにすることでクリアできるという。

ベンチマーク結果 GeForce RTX 3050 Tiと、事実上の先代製品となるGeForce GTX 1650 Tiとのベンチマーク比較。ゲームをRT処理付きでプレイできるようになった上、DLSSを利用することでフレームレートを向上できるというオマケ付きだ(NVIDIA提供資料より、以下同)
NVIDIA Reflex 「NVIDIA Reflex」が対応するゲームタイトルでは、さらなる高フレームレートと低遅延を実現できるという

 GeForce RTX 3050/3050 Tiの主な仕様は以下の通り。

GeForce RTX 3050

  • CUDAコア:2048基
  • Tensorコア:64基
  • RTコア:16基
  • 稼働クロック:1057MHz〜1740MHz
  • グラフィックスメモリ:4GB(GDDR6、バス幅128bit)
  • 消費電力:最大80W

GeForce RTX 3050 Ti

  • CUDAコア:2560基
  • Tensorコア:80基
  • RTコア:20基
  • 稼働クロック:1024MHz〜1695MHz
  • グラフィックスメモリ:4GB(GDDR6、バス幅128bit)
  • 消費電力:最大80W

GeForce RTX 30シリーズ搭載ノートPCも拡充

 GeForce RTX 30シリーズを搭載するノートPCは、今回発表されたGeForce RTX 3050/3050 Tiを搭載するものを含めて140モデル超になるという。ゲーミングノートPCだけではなく、クリエイター向けに最適化された「NVIDIA Studio」に準拠したノートPCにも新モデルが登場する。

新モデル GeForce RTX 30シリーズを搭載するノートPCの新モデルも順次登場する

NVIDIA Broadcastもバージョンアップ

 GeForce RTXシリーズで利用できるWeb会議/配信支援ソフトウェア「NVIDIA Broadcast」もバージョンアップされる。新しいバージョンでは、以下の機能が追加される。

  • 部屋の反響音の除去
  • ビデオノイズの除去
  • 音声ノイズ除去において「ペット」や「セミ」の音の除去をサポート
  • 複数効果の同時利用のサポート
バージョンアップ NVIDIA Broadcastもバージョンアップする

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう