ニュース
» 2021年05月20日 12時00分 公開

富士通ブランドのPCが40周年 「記念モデル」「記念サービス」などを順次展開へ

富士通が初めてのパーソナルコンピュータ「FM-8」を発売して40年を迎えた。同社のPC事業を継承した富士通クライアントコンピューティングは、これを記念した取り組みを実施する。詳しいことは、随時発表していくという。

[井上翔,ITmedia]

 5月20日、富士通が初めてのパーソナルコンピュータ(PC)「FM-8」を発売して40年を迎えた。それを記念して、同社のPC事業を継承した富士通クライアントコンピューティング(FCCL)は順次、40周年記念事業を展開する方針を明らかにした。

FM-8 富士通ブランドPCのルーツである「FM-8」(画像提供:富士通クライアントコンピューティング)

 予定している主な40周年記念事業は以下の通り。

  • 40周年モデル
  • 40周年サービス
  • オンラインイベント
  • 記念グッズ制作

 具体的な取り組みについては、順次紹介するという。どのような展開を見せるのか、期待して待ちたい。

ロゴ 40周年記念のロゴ
UH より軽量化を進めているというモバイルノートPCの次期モデル。これが「40周年モデル」のベースとなるのだろうか……?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう