ニュース
» 2021年05月25日 11時00分 公開

Appleの「WWDC21」のキーノートは6月8日午前2時(日本時間)から 新しい「iOS」「iPadOS」「macOS」の登場に期待

Appleが報道関係者などに開発者向けイベント「WWDC21」への招待状を配布し始めた。開幕に当たって行われるAppleによるキーノート(基調講演)は6月8日午前2時(日本時間)から開催され、その4時間後に詳細を説明するセッションも行われる。

[井上翔,ITmedia]

 Appleは6月7日から11日まで(米国太平洋夏時間)、開発者向けイベント「WWDC21(World Wide Developers Conference 2021)」をオンラインで開催する。最初のイベントであるAppleによるキーノート(基調講演)は、6月8日午前2時(日本時間)からライブ配信される予定だ。

招待状 筆者のもとに届いた招待状(日本語)
Webサイト WWDC21のWebサイトには「And away we code.」(離れていても私たちはコーディングをする)というメッセージが記されている

 例年、WWDCの基調講演ではAppleのOS(macOS、iOS/iPadOS、watchOS、tvOS)の新バージョンに関する情報が初公開される。イベントに合わせて新しいハードウェアが披露されることもある。

 キーノートの後、基調講演で発表された内容を開発者向けに説明するセッション「State of the Union」も開催される。今回は6月8日午前6時(日本時間)にスタートする予定となっている。

 その他、今回のWWDCでは200を超えるセッションが実施される予定だ。開催されるセッションは6月8日(米国太平洋夏時間)から順次Webサイトに字幕付きで公開される予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう