ニュース
» 2021年03月30日 23時09分 公開

Appleの「WWDC21」はオンラインで開催 6月7日〜11日

Appleが、世界開発者会議「WWDC21」を6月7日から11日まで、オンラインで開催することを告知した。AppleはWWDC20について「記録的な参加者数と成果が得られた」と振り返る。WWDC21では、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSのアップデートを発表する。

[田中聡,ITmedia]

 米Appleが3月30日(現地時間)、世界開発者会議「WWDC21」を6月7日から11日まで、オンラインで開催することを告知した。

WWDC21 2020年に続き、オンラインでの開催となる「WWDC21」

 WWDCは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年はオンラインで開催したが、2021年も同様の形式となる。AppleはWWDC20について「記録的な参加者数と成果が得られた」と振り返る。

 WWDC21では、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSのアップデートを発表する。イベントの詳細は、Apple Developerアプリ、Apple DeveloperWebサイト、メールで随時案内する。

 Appleは、WWDC21をオフラインで開催しないことで生じる収益の損失を補うために、サンノゼの教育と平等のためのプログラム「SJ Aspire」に100万ドルを寄付する。

 合わせてAppleは、プログラミング用学習アプリ「Swift Playgrounds」を使って作品を披露する学生向けコンテスト「Swift Student Challenge」の応募受付を開始した。3月30日から4月18日まで応募を受け付ける。入賞者には、他では入手できないというWWDC21のジャケットとピンバッジが贈られる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう