プロナビ
ニュース
» 2021年06月03日 15時15分 公開

手頃な価格でメッシュWi-Fiを構築 バッファローのWi-Fi 6ルーター/中継機が「Wi-Fi EasyMesh」に対応へ2019年以降のモデルが対応

バッファローが、Wi-Fi 6ルーター/中継機を「Wi-Fi EasyMesh」対応とする方針を表明した。ファームウェアの更新によって、メーカーを問わずWi-Fi EasyMesh対応機器とメッシュWi-Fi環境を構築できるようになる。

[井上翔,ITmedia]

 バッファローは6月3日から順次、同社が2019年以降に発売したWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応するルーターと中継機において、メッシュWi-Fi規格「Wi-Fi EasyMesh」への対応を進める。これにより、同規格に対応するWi-Fiルーターや中継機を使ってメッシュWi-Fiネットワークを簡単に構築できるようになる。

EasyMesh バッファローのWi-Fi 6ルーター/中継機がWi-Fi Easy Meshに対応する方針

「Wi-Fi EasyMesh」とは?

 格子状に無線LANネットワークを構築する「メッシュWi-Fi」は従来、各メーカーが独自の規格を使って実現してきた。バッファローでも2018年、「AirStation connect」というブランドで独自のメッシュWi-Fiルーター/中継機をリリースしている。

 しかし、メーカー独自規格のメッシュWi-Fiでは、ルーターや中継機を全て同じメーカーでそろえる必要がある。そのため、メッシュWi-Fi環境を構築するにはルーターや中継機を“丸ごと”買い換えなければならないことが多い。一気に機器を買い換えるとなると、コスト面でどうしても不利になってしまう。

AirStation connect バッファローは2018年、独自規格のメッシュWi-Fi製品「AirStation connect」を発売している。独自規格は高度な機能に対応しやすい一方で、イニシャルコストがかさみやすいというデメリットもある

 一方で、一般的なWi-Fi中継機は、相手方のWi-Fiルーターのメーカーを問わず動作する上、価格も手頃だ。しかし、ルーター(親機)からはクライアント機器(子機)の1つとして認識されるため、電波の強度に応じたつなぎ替え(ハンドオーバー)など、親子の協調動作には対応できない。

Wi-Fi中継機 一般的なWi-Fi中継機は手頃なのがメリットだが、親機との協調動作ができないことが課題である

 そこで、IEEE 802.11シリーズの無線LAN規格の標準化に取り組んでいるWi-Fi Allianceは2020年、メーカーを問わず利用できるメッシュWi-Fi規格としてWi-Fi EasyMeshを策定した。同規格に準拠した機器なら、メーカーの組み合わせを問わずメッシュWi-Fi環境を構築できる

 Wi-Fi EasyMeshに対応する無線LANルーターや中継機は、既に複数登場している。ただし、国内ではそれをアピールしているメーカーはほとんど見受けられない。

比較表 Wi-Fi EasyMeshは、一般的な中継機の気軽さを備えつつ、自動経路選択(協調動作による接続先の自動変更)など、メッシュWi-Fiならではの高度な機能も利用できる。有線LANベースのメッシュネットワークも構築できることがメリットだ

バッファローはより高度な「Release 2」に対応

 Wi-Fi EasyMeshには、初期バージョンの「Release 1」と、より高度な機能に対応した「Release 2」の2バージョンが存在する。現行のWi-Fi EasyMesh対応機器の多くはRelease 1に準拠しているが、バッファローの対応製品は全てRelease 2に準拠する

 Release 2で利用できる機能は以下の通りとなる。

  • 「WPA3」への対応
  • DFS(※1)の時間短縮
  • 電波干渉の診断と通知
  • 高速ローミングへの対応(オプション)(※2)

(※1)動的周波数選択:5GHz帯の無線LANにおいて利用できる周波数帯を自動的にスキャンする機能
(※2)IEEE 802.11r規格に準拠

Release比較 バッファローのWi-Fi EasyMesh対応製品は、Release 2に準拠する。オプション機能となる高速ローミング(IEEE 802.11r)も利用できる。

 バッファローのWi-Fi EasyMesh対応製品では、Release 2のオプション機能となる高速ローミング機能も利用できる。高速ローミングはクライアント機器側にも対応が必要となるが、通常のローミングでは数秒待たされることもあるつなぎ替えが、高速ローミングでは一瞬で行える。同社の独自検証によると、高速ローミングは多くのハイエンドスマートフォンで利用できることが確認できたという。

 なお、Release 2に対応する機器は、Release 1に準拠する機器と組み合わせることが可能だ。ただし、この場合はRelease 2で追加された機能を利用できないので注意しよう。

ローミング Wi-Fi Easy Meshでは、IEEE 802.11k(ルーターと中継機の情報をクライアント機器に伝達するための規格)とIEEE 802.11v(クライアント機器にローミングを指示するための規格)への対応が必須となる。IEEE 802.11r(高速ローミング)への対応は Release 2においてオプション機能として盛り込まれたが、バッファローの対応機器では全モデルで対応する
独自検証 バッファローが独自に検証した、スマートフォンのローミング規格への対応状況。iPhoneでは、比較的最近の機種なら完全に対応できる
有線LANベース構築 Wi-Fi EasyMeshでは、有線LANでつないだ複数の対応ルーターを使ってメッシュWi-Fiネットワークを構築できる。メッシュネットワークを無線で構築しづらい環境でも便利に使える(有線LANケーブルの配線が必要となるが)

 バッファローの対応製品では、メッシュネットワーク用の電波帯域を2.4GHz帯と5GHz帯で自動切り替えする独自機能を備えている。例えば、メッシュネットワーク用に2.4GHz帯の電波を使っている場合、電子レンジが動き始めると、自動的に5GHz帯に切り替える。逆に、メッシュネットワーク用に5GHz帯の電波を使っている場合、5GHz帯で連続した信号を検出すると、自動的に2.4GHz帯に切り替える。

 セットアップは、WPS/AOSSだけではなく、有線LANによるネゴシエーションにも対応している。

独自機能 メッシュネットワーク用に利用する電波帯域を自動で切り替える機能は、バッファロー独自の機能である
セットアップ コントローラー(親機)とエージェント(子機)のセットアップは、WPS/AOSSだけではなく有線LANでの直結でも行える

対応予定機種

 先述の通り、Wi-Fi EasyMeshに対応予定なのは、2019年以降に発売されたWi-Fi 6対応ルーター/中継機となる。いずれもファームウェアの更新が必要となる。具体的な対応予定機種は以下の通り。

ルーター

 ルーターは、Wi-Fi EasyMeshの「コントローラー(親機)」「エージェント(子機)」のどちらとしても利用できる。

  • WSR-1800AX4(6月3日からファームウェア配信)
  • WSR-1800AX4S(6月中旬からファームウェア配信予定)
  • WSR-3200AX4S(7月にファームウェア配信予定)
  • WSR-5400AX6/AX6S(同)
  • WXR-5700AX7S(同)
  • WXR-5950AX12(8月にファームウェア配信予定)
  • WXR-6000AX12S(同)
  • WSR-1500AX2S(9月にファームウェア配信予定)
WXR-5950AX12 2019年10月に発売されたハイエンドルーター「WXR-5950AX12」もWi-Fi EasyMeshに対応する予定

中継機

 中継機は、Wi-Fi EasyMeshのエージェントとしてのみ利用できる。

  • WEX-1800AX4(6月3日からファームウェア配信)
  • WEX-1800AX4EA(6月3日からファームウェア配信)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう